Archiver への Sharp、SharpV、または SharpX カメラの追加 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26
category_custom
ガイド
ガイド > 管理者ガイド

読み取り結果とヒットに関連付けられた ALPR 画像を保管するには、Sharp カメラを Archiver に追加する必要があります。

始める前に

  • ALPR の Archiver ロールをセットアップします。
  • カメラのウェブポータルにログオンし、デフォルトのパスワードを変更します。
  • デフォルトでは、SharpV ユニットには SharpV の共通名 (例: SharpV12345) を使用する自己署名証明書が含まれます。SharpV を Archiver に追加するには、共通名ではなくカメラの IP アドレスを使用する新しい証明書 (署名付きまたは自己署名) を生成する必要があります。

このタスクについて

  • デフォルトでは、Archiver は SharpV カメラからの H.264 ストリームを使用します。MJPEG ストリームを使用する場合、SharpV カメラの画面から [動画] タスク内で選択できます。
  • コンテキストカメラの情報は SharpV ITS カメラに適用されません。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] > [動画ユニット] の順にクリックします
    [手動追加] ダイアログボックスが開きます。
  3. 複数の Archiver ロールを持っている場合、[Archiver] ドロップダウンリストから、ユニット管理用のものを選択します。
  4. [製造者] ドロップダウンリストから、[AutoVu™] を選択します。
  5. [製品タイプ] ドロップダウンリストから、[すべて] を選択します。
  6. 動画ユニットの IP アドレスを入力します。
    • [IPv4] または [IPv6] を選択し、[IP アドレス] を入力します。
    • ネットワークが DHCP をサポートしている場合は、割り当てられた [IP アドレス] を入力します。
      注: このアドレスが変更される可能性がある場合は、[ホスト名] をクリックして、ユニットのホスト名を入力します。
    1 つの操作で複数のユニットを追加するには、IP アドレスの範囲 () を入力します。
  7. ユニットの [HTTP ポート] (デフォルト = 80) を入力します。
    注: ユニットが HTTPS を使用する場合、ここでは HTTP ポート (80) を入力します。HTTPS ポートは次のステップで入力します。
  8. カメラの [認証] 方法を選択します。
    デフォルトのログオン
    カメラは [拡張設定] タブで Archiver 用に定義されたデフォルトのログオンを使用します。この方法を使用して、複数のカメラに対して同じ認証情報を定義できます。
    重要: SharpV カメラを追加する際にデフォルトのログオンは使用できません。SharpV ポータルに初めてログオンした際に構成した認証情報を使用する必要があります。
    指定
    カメラのログオン認証情報を入力します。証明書を適用している場合は [HTTPS を使用] をオンにします。
    注: SharpOS 12.7 またはそれ以降を実行している Sharp カメラは HTTPS 通信を使用する必要があります。
  9. [ロケーション] ドロップダウンリストから、カメラをエリアエンティティに割り当てます。
  10. [追加] をクリックします。
    通知トレーに "ユニットの追加を開始しました" というメッセージが表示されます。正常終了すると、"ユニットが正常に追加されました" というメッセージが表示されます。

タスクの結果

カメラは選択された Archiver の下に追加されます。