ALPR Manager への Sharp、SharpV、または SharpX カメラの追加 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

カメラからの ALPR データを Security Center に送信するには、ALPR Manager にカメラを追加する必要があります。

始める前に

  • Security Center にカメラを追加するには、初めに ALPR Manager ロールを構成する必要があります。
  • 現在の SharpVSharpOS 12.7 以降と同梱で出荷されていて、SharpVSecurity Center に手動で追加する場合、LPM プロトコルを使用するようアップグレードする必要はありません。 SharpV カメラが以前の SharpOS 12.x バージョンで稼働している場合、カメラをアップグレードし、LPM プロトコルを有効化して、Security Center に対するこのセキュアで信頼性の高い接続を利用することを推奨します。
    注: カメラが LPM プロトコルを使用して Security Center に接続する場合、Sharp Portal [アクティブな拡張設定][Security Center (LPM プロトコル)] に設定されます。

このタスクについて

  • ALPR Manager にカメラを追加するステップは、カメラで稼働している SharpOS のバージョンに依存します。詳細については、SharpV カメラを ALPR Manager ロールに接続するを参照してください。
  • カメラで稼働している SharpOS が 12.6 またはそれ以前の場合でも、Sharp PortalSecurity Center、HTTP、または FTP 拡張設定を構成することで接続できます。

手順

SharpOS 12.7 またはそれ以降を実行しているカメラを手動で追加するには:

  1. Config Tool ホームページで、[ALPR] タスクをクリックし、[ロールとユニット] を選択します。
  2. ドロップダウンリストから [ALPR Manager] ロールを選択します。
  3. [ALPR ユニット] をクリックします。
    [ユニットの作成] ダイアログボックスが開きます。
  4. カメラの [名前] を入力します。
  5. カメラの IPv4 または IPv6 の [IP アドレス] を入力します。
    注: カメラが NAT の背後にある場合、NAT の IP アドレスと、カメラのポート 443 に関連付けられている NAT のポートを入力します。
  6. この SharpOS バージョンでは HTTPS 通信が必要です。[ポート] 443 を入力します。
    注: カメラが NAT の背後にある場合、NAT の IP アドレスと、カメラのポート 443 に関連付けられている NAT のポートを入力します。
  7. [ロケーション] リストから、カメラをエリアエンティティに割り当てます。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. Sharp Portal へのログオンに使用する [ユーザー名] [パスワード] を入力し、[次へ] をクリックします。
  10. 設定を確認し、[作成] をクリックします。

SharpOS 12.6 またはそれ以前を実行しているカメラを手動で追加するには:

  1. Config Tool ホームページで、[ALPR] タスクをクリックし、[ロールとユニット] を選択します。
  2. ドロップダウンリストから [ALPR Manager] ロールを選択します。
  3. [ALPR ユニット] をクリックします。
    [ユニットの作成] ダイアログボックスが開きます。
  4. カメラの [名前] を入力します。
  5. Sharp ユニットの IPv4 または IPv6 の [IP アドレス] を入力します。
  6. Sharp ユニットの構成に従って、HTTPS 用の [ポート] 443 または HTTP 用の 80 を入力します。
  7. [ロケーション] リストから、カメラをエリアエンティティに割り当てます。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. カメラの [コントロールポート] (デフォルト: 8001) を入力します。
    この情報は Sharp Portal 構成ページに表示されるものと一致する必要があります。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. 設定を確認し、[作成] をクリックします。
    重要: LPM プロトコルを使用する場合、Sharp Portal 内の拡張設定は自動的に [なし] に設定されます。拡張設定を変更しないでください。

タスクの結果

  • 新しいカメラは選択された ALPR Manager の下に追加されます。
  • 次の画像では、https:// というアドレスのプレフィックスは、ユニットが LPM プロトコルを使用して Security Center に接続されることを示しています。