Archiver: [拡張設定] タブ - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

[拡張設定] ページを使用して、Archiver によって制御される動画ユニットが共有する共通の接続パラメーターを構成できます。拡張設定は、Archiver にユニットを追加したときに自動的に作成されます。

[拡張設定] タブをクリックすると、次の設定を表示または構成できます。
トランザクションタイムアウト
ユニットにコマンドを再送信する前に応答を待機する時間
コマンドポート
(Bosch のみ) Archiver が Bosch ユニットにコマンドを送信するために使用するポート。このフィールドの値は、[プロトコル] フィールドが変更されるたびにデフォルト値にリセットされます。
プロトコル
(Bosch のみ) Archiver が Bosch ユニットにコマンドを送信するために使用する転送プロトコル。
指定できる値は次のとおりです。
RCP
RCP+ over TCP を使用します (デフォルト)。コマンドポートを 1756 に設定する必要があります。
HTTP
HTTP または HTTPS (RCP+ over CGI) を使用します。
重要: HTTP または HTTPS を使用して Bosch ユニットを登録するには、Bosch 拡張設定を手動で作成するか、既存の Bosch 拡張設定を変更する必要があります。
  • HTTP を使用するには、Bosch ユニットで構成された [HTTP ブラウザーポート] の値と一致するように [コマンドポート] を設定します。
  • HTTPS を使用するには、[デフォルトのログオン] グループで [HTTPS を使用] [オン] に設定し、Bosch ユニットで構成された [HTTPS ブラウザーポート] の値と一致するように [ポート] を設定します。
注: Bosch 拡張設定で構成するコマンドポートはデフォルト値です。Bosch ユニットで構成された値は異なる場合があります。[Discovery ポート] は Bosch ユニットで構成された値と一致する必要があります。
RTSP ポート
Archiver が RTSP (Real Time Streaming Protocol) プロトコルをサポートするユニットに動画を要求するために使用するポート

この RTSP (Real Time Streaming Protocol) ポートは、RTSP 要求をリッスンするために使用されます。複数の Archiver ロールが同じサーバー上でホストされている場合、サーバーごとに固有の値を指定する必要があります。この構成値を、同じサーバー上でホストされている Media Router ロール、そのリダイレクターエージェント、Auxiliary Archiver で使用されている値と同じにすることはできません。

VSIP ポート
(Verint のみ) 自動検出に使用されるポート。同じ Verint 拡張設定を使用して制御されるすべてのユニットを、同じ VSIP ポートで構成する必要があります。同じ Archiver 用に構成されたすべての Verint 拡張設定で、異なる Discovery ポートを設定する必要があります。
基本認証を拒否
このスイッチを使用して、拡張設定の基本認証の有効と無効を切り替えます。これは Security Center InstallShield で基本認証をオフにした場合に便利ですが、基本認証のみをサポートするカメラを使用する場合はもう一度オンにする必要があります。基本認証をもう一度オンにするには、[基本認証を拒否] [オフ] に切り替える必要があります。
Discovery ポート
自動検出ポート。同じタイプの拡張設定の複数のインスタンスを同じ Archiver 用に構成した場合は、すべての拡張設定で異なる Discovery ポートを使用する必要があります。
  • (ACTi) ACTi 動画サーバー設定の [サーバーポート 1 の検索] に対応します。
  • (Bosch) 同じ Bosch 拡張設定を使用して制御されるすべてのユニットを、同じ Discovery ポートで構成する必要があります。
注: ユニットの検出後に [Discovery ポート] を変更する場合は、新しい Discovery ポートで新しい拡張設定を作成し、古い拡張設定を削除する必要があります。ユニットが自動的に検出されない場合は、手動でユニットを追加する必要があります。
Discovery 応答ポート
(ACTi および Interlogix) ACTi 動画サーバー設定の [サーバーポート 2 の検索] に対応します。
ユニキャスト期間
各システム内のユニットがアクティブかどうかを判定するために拡張設定がユニキャストを使用して接続テストを繰り返す期間
マルチキャスト期間
拡張設定がマルチキャストを使用して新しいユニットの検出を試行する期間。このオプションは無効にすることができます。
後に続く IP アドレスは、Omnicast™ によって使用される標準のマルチキャスト IP アドレスです。標準のマルチキャスト IP アドレスは、その IP アドレスがすでに他の用途で使用されている場合にのみ変更します。
ブロードキャスト期間
拡張設定がブロードキャストを使用して新しいユニットの検出を試行する期間。このオプションは無効にすることができます。
デフォルトのログオン
一部のユニットは、ユーザー名とパスワードを使用して不正なアクセスから保護できます。ユニットごとに個別に、または同じ拡張設定を使用するすべてのユニットに対してログオン認証情報を定義できます。
ユーザー名
一部のユニット (Axis など) はユーザー名を要求します。
パスワード
一部のユニット (Bosch など) はパスワードのみを要求します。
HTTPS を使用
セキュリティを強化するために Secure HTTP を使用する場合は、このオプションを選択します。
注: Bosch ユニットの場合、この設定は [プロトコル] [HTTP] に設定されている場合にのみ表示されます。[HTTPS を使用][オン] に設定した場合は、ここで設定した [ポート] [コマンドポート] よりも優先されます。
TCP 通知ポート
(Panasonic および Interlogix) Archiver ロールがユニットから通知を受信するために使用するポート。[信号損失] [信号復旧] などのイベントが発生すると、ユニットは Archiver との TCP 接続を開始し、このポートを使用して通知を送信します。
注: (Panasonic) 複数の Archiver ロールが、同じサーバーで実行されているか、同じユニットをリッスンするよう構成されている場合は、各 Archiver ロールが固有の TCP 通知ポートに関連付けられていなければなりません。
通知チャネル
(Interlogix のみ) フェールオーバーリストなどの同じユニットをリッスンするように複数の Archiver ロールを構成する場合、各 Archiver は異なる通知チャネル (1 ~ 8) で識別される必要があります。Archiver を 1 つしか使用しない場合、このパラメーターは無視できます。
複数の Archiver ロールを使用する場合は、次のルールに従う必要があります。
  • 同じユニットを制御するすべての Archiver ロールが同じ TCP 通知ポートを使用して構成されていること
  • すべての Archiver ロールが異なる通知チャネルを使用すること
Bosch VRM 設定
VRM 設定は、Bosch VRM (Video Recording Manager) 専用です。これらの設定を使用することで、Bosch VRM によって管理されている Bosch カメラの動画のクエリと再生が可能になります。同じ VRM を複数の Bosch 拡張設定で使用できます。
VRM は、オフラインまたは接続できない状態になった場合に、フェールオーバーとして機能します。拡張設定にリストされているすべての VRM が適切に構成されていない場合、アーカイブ動画を Archiver が見つけられない可能性があります。Bosch 拡張設定には複数の VRM を追加できます。上へ移動 () ボタンと下へ移動 () ボタンを使用して、VRM をリストの上または下に移動できます。Archiver はクエリとアーカイブ動画にリストの最初の VRM を使用します。最初の VRM が使用できない場合、Archiver はリストの次の VRM を使用します。
注: Bosch VRM を Security Center で適切に機能させるには、デバイスで CHAP パスワードを構成する必要があります。CHAP パスワード構成の詳細については、Bosch のドキュメントを参照してください。
Verint 固有の設定
以下の設定は、Verint ユニットでのみ表示されます。
使用可能なすべての動画ストリームを別個のカメラとして表示
(Verint のみ) Omnicast™ では、同じ動画ソースから複数の動画ストリームを生成するエンコーダーがサポートされています。こうしたエンコーダーが検出された場合、Archiver は複数の代替ストリームを含む動画エンコーダーを作成します。
各動画ストリームを別個のカメラとして表示する場合は、このオプションを選択します。
注: このオプションを使用するには、ストリームごとにカメラ接続ライセンスが必要です。
SSL 設定
SSL (Secure Socket Layer) は、ネットワーク経由で通信する必要があるアプリケーションを保護するために使用されるプロトコルです。Security Center では、データ量が非常に多い動画ストリームを除き、Archiver とユニット間のすべてのメッセージ送信で SSL がサポートされています。Security Center で SSL を使用する目的は、通信の傍受を阻止することではなく、攻撃を防止することです。
[SSL を施行] は、この Archiver によって制御されるすべてのユニットに SSL を施行する必要がある場合にのみ選択します。このオプションをクリアすると、Archiver は SSL が有効になっているユニットと通信する場合にのみ SSL を使用します。
高度なセキュリティ設定
カメラで使用している証明書によっては、高度なセキュリティ設定の構成が必要になる場合があります。
不明な認証局を許可します
Archiver で自己署名証明書を受け入れるには、このオプションをオンに設定します。
非サーバー証明書を許可します
Archiver で非サーバー証明書を受け入れるには、このオプションをオンに設定します。
件名が無効な証明書を許可します
サブジェクト名および別名として入力される、ユニットの IP アドレスまたはホスト名を持たない証明書を Archiver で受け入れるには、このオプションをオンに設定します。
日付が無効な証明書を許可します
Archiver で期限切れの証明書を受け入れるには、このオプションをオンに設定します。
高度な設定
高度な設定は、Genetec™ Technical Assistance Center が使用するために確保されています。
NTP 設定
NTP (Network Time Protocol) をサポートするユニットと NTP サーバーの間で時刻を同期します。ユニットの時刻を常に同期することは、動画アーカイブを処理するユニットにとって特に重要です。
次のパラメーターを設定する必要があります。
NTP サーバー
NTP サーバー名を指定します。
NTP ポート
NTP サーバーのポート番号を指定します。
ポーリングタイムアウト
ユニット上の時刻が NTP サーバーと適切に同期されていることをチェックする頻度を指定します。たとえば、60 と入力すると、60 秒ごとに時刻が確認されます。