アクセスコントロールユニットのファームウェアとプラットフォームおよびインターフェイスモジュールのファームウェアをアップグレードする - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

1 つ以上のアクセスコントロールユニットのファームウェアまたはメンテナンス更新プログラム、あるいは 1 つ以上のインターフェイスモジュールのファームウェアを、Config Tool から直接アップグレードできます。プラットフォームバージョンで、更新プログラム (セキュリティフィックスと更新を定期的にリリースする Cumulative security rollup など) が参照されています。

始める前に

アクセスコントロールユニットまたはインターフェイスモジュールをアップグレードするには、次の作業を行う必要があります。

このタスクについて

次の条件を満たすと、[アップグレード] ボタンが表示されます。
  • アップグレードするすべてのユニットまたはインターフェイスモジュールが同じ製品タイプである。
  • ユニットのどれもアプライアンスでない。
  • ユニットのどれもスケジュールされたファームウェアアップグレードが保留中になっていない。​
  • ユニットのどれもフェデレートされていない。
  • [アクセスコントロールユニットのアップグレード][ユニット登録] のユーザー権限を持っている。
  • Access Manager ロールが下位互換性モードになっていない​。

手順

  1. Config Tool で、アップグレードするユニットまたはインターフェイスモジュールのハードウェアインベントリレポートを生成します。
  2. アップグレードするユニットまたはインターフェイスモジュールを選択します。
    [提案されたファームウェアバージョン] フィールドに、推奨されるファームウェアバージョンが表示されます。使用中のファームウェアバージョンが推奨されるバージョンと同じ場合は、[最新状態] と表示されます。
  3. アクセスコントロールユニットの場合、[アップグレード] () をクリックし、次のいずれかを選択します。
    • ファームウェアをアップグレードする場合は、[ファームウェアをアップグレードする] を選択します。
    • Cumulative security rollup をインストールする場合は、[プラットフォームのアップグレード] を選択します。
  4. インターフェイスモジュールの場合、[アップグレード] () をクリックします。
  5. ファイルブラウザーで、GTAP からダウンロードしたファームウェアまたは Cumulative security rollup ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  6. (オプション) アップグレードに遅延時間を設ける場合、[詳細設定オプション] をクリックし、[アップグレードを次の時間まで延期する] を選択して、アップグレードの日時を入力します。
  7. [アップグレード] をクリックします。
    注: 個々のユニットをアップグレードすることもできます。それには、Config Tool の [アクセスコントロール] タスクで、[ロールとユニット] ビュー内のユニットの [ID] ページを使用します。
    システムがアクセスコントロールユニットまたはインターフェイスモジュールのファームウェアやプラットフォームをアップグレードします。アップグレードが完了すると、ユニットおよびインターフェイスモジュールが再起動します。

次のタスク

  • ユニットまたはインターフェイスモジュールがオンライン状態に戻ったら、Config Tool[ハードウェアインベントリ] レポートを再度生成し、表示されるファームウェアまたはプラットフォームバージョンを確認します。
  • アップグレードしたユニットまたはインターフェイスモジュールによって制御されるすべてのドアが正常に動作することを確認します。