Security Center Federation™ をセットアップする - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26
category_custom
ガイド
ガイド > 管理者ガイド

Security Center Federation™ を使用して 1 つのリモート Security Center システムをフェデレートするには、Security Center Federation™ ロールを作成する必要があります。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [エンティティを追加] () をクリックし、[Security Center Federation™] をクリックします。
  3. [Directory] フィールドに、リモート Security Center Directory の名前または IP アドレスを入力します。
  4. 次の 2 つのフィールドに、Federation™ ロールがリモート Security Center システムへのログイン時に使用するユーザー名とパスワードを入力します。
    Federation™ ユーザーの権限により、Federation™ ホスト上のユーザーに許可されるフェデレーションシステム上の表示内容や操作が決まります。Federation™ ユーザーアカウントには最小限の権限が必要で、管理者権限は不要です。
  5. [フェデレーションイベント] セクションでフェデレーションシステムから受信するイベントを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. [基本情報] ページで、ロールの名前と説明を入力します。
  7. このロールをメンバーにする [パーティション] を選択し、[次へ] をクリックします。
    すべてのフェデレーションエンティティは、選択したパーティション内に作成されます。選択したパーティションのメンバーとなっているユーザーのみが、これらのイベントを表示、変更できます。
  8. [次へ] > [作成] > [閉じる]をクリックします。
  9. 新しい Federation™ ロール () を選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
    接続ステータスが [エンティティを同期中] または [接続済み] となっていることを確認します。
  10. Security Center Federation™ ロールとフェデレーション Security Center Directory 間の接続が中断された場合の対処方法を決めるために、次のオプションを構成します。
    弾力的接続
    このオプションをオン (デフォルトではオフ) にすると、Federation™ ロールとフェデレーション Security Center Directory サーバーの接続が一時的に中断された場合、Federation™ ロールは、設定された一定の時間にわたり Directory との再接続を試行し、その時間内に接続を確立できなければ接続が失われたとみなして警告状態になります。
    注: クラウドへの接続が不安定な可能性があるリモートシステムでは、 弾力的接続を有効にすることを強くお勧めします。
    再接続タイムアウト
    Federation™ ロールが Directory との再接続を試行する期間を秒数で指定します。この期間が経過すると、接続は失われたとみなされます。
  11. Security Center Federation™ の追加のオプションを構成します。
    Directory レポートの転送
    このオプションが有効にされている場合 (デフォルトではオフ)、フェデレーションサイトでのユーザーアクティビティ (カメラの表示、PTZ の有効化など) と構成変更を、Federation™ ホストの [アクティビティ証跡] および [監査証跡] レポートで確認できます。ただし、Federation™ ユーザーにこれらのレポートを表示する権限とアクセス権限がない場合は、その限りではありません。
    重要: Directory レポートの転送は 5.8 システム以降でサポートされます (フェデレーションを含む。これは、フェデレーションシステムが 5.7 以前の場合、[Directory レポートの転送] オプションがグレー表示され使用できないことを意味します。
    デフォルトのライブストリーム
    フェデレーション Security Center カメラ からのライブ動画を閲覧するために使用するデフォルトの動画ストリーム (デフォルトはリモート)。

    ワークステーションで、Federation™ 用の特定の動画ストリーム設定が要求されない場合は、Security Desk のデフォルトのストリーム設定を代わりに使用できます。

    再生要求を有効化
    このオプションが有効にされている場合、ユーザーはフェデレーション Security Center カメラからの再生動画を閲覧できます。
    フェデレーションアラーム
    このオプションが有効にされている場合、フェデレーション Security Center システムからのアラームを受信します。
  12. [適用] をクリックします。
  13. 必要に応じて、Media Router によって使用される、ローカルおよびフェデレーションストリームのデフォルトのマルチキャストアドレスを変更します。

次のタスク

[エリアビュー] タスクで、Security Center Federation™ ロール () を展開し、このロールがすべてのフェデレーションエンティティをインポートしたことを確認します。

エンティティ階層は、リモートフェデレーションシステム上のエリアビューに対応します。