動画透かしの構成 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26
category_custom
ガイド
ガイド > 管理者ガイド

特定のユーザーおよびユーザーグループ用に動画透かしを構成できます。動画透かしを有効にすると、これらのユーザーが Config ToolSecurity DeskWeb Client から要求した動画すべてに、識別のためのテキストが追加されます。

このタスクについて

ユーザーごとに個別の透かしを構成する代わりに、動画透かしの構成を継承することができます。ユーザーまたはユーザーグループを追加することで、そのグループの透かし構成を継承できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[ユーザー管理] タスクを開きます。
  2. 構成するユーザーまたはユーザーグループを選択してから [詳細] タブをクリックします。
  3. [セキュリティ] の [動画透かしを有効にする] オンに設定します。
    この設定を変更するには、[親から継承] オプションを [オーバーライド] に切り替える必要があります。
    [構成] ボタンが表示されます。
  4. [構成] をクリックします。
    [動画透かしオーバーレイ] ダイアログボックスが開きます。
  5. 必要に応じて動画透かしをセットアップし、[保存] をクリックします。
    詳細
    [ユーザー名][ワークステーション]、または [カメラ名] を選択し、その情報を透かしに追加します。1 つ以上の詳細を選択してください。
    タイプ
    シングル透かしの場合は [シングル] を、透かしテキストを複製する場合は [モザイク] を選択します。
    位置 (シングルタイプのみ)
    動画上の透かしテキストの位置を選択します。
    方向 (モザイクタイプのみ)
    [水平] または [対角線] を選択し、透かしテキストの方向を設定します。
    不透明度
    透かしテキストの不透明度を設定します。100% は透明度ゼロです。
    サイズ
    透かしテキストのサイズを設定します。外観の一貫性を維持するため、テキストのサイズは動画の解像度に依存しません。
    注: 動画ストリーム上での透かしの外観がプレビュー画面に表示されます。
  6. [適用] をクリックします。

タスクの結果

影響を受けるユーザー向けに処理されるライブ動画、再生動画、エクスポート動画すべてに透かしテキストが追加されます。