モバイルナンバープレートインベントリ - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

モバイルナンバープレートインベントリ (MLPI) は、大規模な駐車エリアまたは駐車場のナンバープレートインベントリの作成と管理に必要なナンバープレートやその他の車両情報を収集するために構成される Genetec Patroller™ ソフトウェアの機能です。

このインベントリを使用して、次の情報を報告できます。
  • 車両が施設内に駐車している日数
  • 施設内の車両の場所 (区域と列)
  • 施設内に駐車しているすべての車両
  • 施設に入場または退場したすべての車両
ナンバープレート読み取り結果は、次の 3 つの方法で収集できます。
  • Genetec Patroller™ アプリケーションと Sharp カメラ (複数も可) を使用した自動読み取り
  • Genetec Patroller™ アプリケーションの手動キャプチャ機能を使用した手動入力
  • (オプション) Genetec Inc. によって認可され、Genetec Patroller™ MLPI アプリケーションを実行している携帯用コンピューターを使用した手動キャプチャ

ナンバープレートインベントリ

ナンバープレートインベントリには、駐車施設内に駐車しているすべての車両のナンバープレート読み取り結果が含まれています。このインベントリは、Genetec Patroller™ からオフロードされた、および Genetec Inc. によって認可されている携帯用コンピューター (該当する場合) からオフロードされたナンバープレート収集データに基づいて作成されます。このインベントリを使用して、特定の期間の駐車施設の車両アクティビティをモニターできます。たとえば、パトロール車両が朝方にナンバープレート読み取り結果を収集し、夕方にもう一度収集することで、何台の車両が施設から去ったかを確認できます。Security Desk [インベントリ管理] タスクを使用してオフロードデータからインベントリを作成し、Security Desk[インベントリレポート] タスクを使用してインベントリ変更のクエリを実行します。

読み取り結果の調整方法

ナンバープレート収集のオフロードデータに含まれるほとんどの読み取り結果は、Security Center によって自動的に調整 (検証) され、ナンバープレートインベントリに追加されます。しかし、競合が検出された場合は、一部の読み取り結果を手動で調整する必要があります。たとえば、ある車両のナンバープレート番号が別の車両と同じであるものの、発行元の都道府県が異なる場合があります。このような場合は、Security Desk [インベントリ管理] タスクを実行すると、読み取り結果を調整するかどうかを尋ねる (車両のプレート番号と都道府県を確認する) ダイアログボックスが表示されます。