Map Manager の Bing または Google マッププロバイダーへの接続 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26
category_custom
ガイド
ガイド > 管理者ガイド

Microsoft Bing マップまたは Google マップのデータに基づいてマップを作成するには、使用するマップタイプのマッププロバイダーをセットアップする必要があります。

始める前に

有効な Bing マップまたは Google マップのライセンスを取得し、ライセンスキーを確認します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. Map Manager ロールを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [マッププロバイダー] セクションで、[アイテムの追加] () をクリックします。
  4. [マッププロバイダー] ダイアログボックスで、[プロバイダー] ドロップダウンリストから、次のいずれかのマップタイプを選択します。
    Bing マップ
    汎用マップ
    Bing 衛星マップ
    ラベルなしの衛星マップ
    Bing ハイブリッドマップ
    ラベル付きの衛星マップ
    Google マップ
    汎用マップ
    Google 地形マップ
    3D 地形を使用したラベル付きの地形マップ
    選択されたマップのプレビューが表示されます。
  5. [ライセンスキー] フィールドにライセンスキーを入力し、[検証] をクリックします。
    正しいライセンスキーを入力した場合、[ライセンスキー] フィールドの下に有効なライセンスと表示されます。
  6. ライセンスにジオコーディングサービスが含まれる場合は、[ジオコーディング] オプションをオンにします。
    この機能を有効にすると、Map Manager は、緯度と経度の組み合わせから住所へ、あるいはその逆に変換できます。また、Security Desk [マップ] タスクからも住所を検索し、地図上の住所にズームできます。
  7. [保存] > [適用]の順にクリックします。