読み取り結果とヒットへのユーザーカスタムフィールドの追加 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

Security Desk[読み取り結果] および [ヒット] レポートでユーザーカスタムフィールドのクエリとフィルターができるように、ユーザーのメタデータを個別の Genetec Patroller™ 読み取り結果およびヒットと関連付けるには、ユーザーカスタムフィールドを ALPR 注記フィールドに追加します。

始める前に

  • Genetec Patroller™ を構成して、ログオン用のユーザー名とパスワード (一方または両方) を必須にします (『Genetec Patroller™ 管理者ガイド』を参照してください)。

このタスクについて

Genetec Patroller™ が “ログオンなし” に設定されている場合、読み取り結果とヒットは有効なユーザー名に関連付けられている必要があるので、カスタムフィールドを読み取り結果とヒットに追加できません。

手順

  1. ユーザーエンティティに適用されるカスタムフィールドを作成します。
  2. Genetec Patroller™ ユーザーのカスタムフィールドを定義します。
  3. カスタムフィールドを注記フィールドとして追加します。

タスクの結果

カスタムフィールドが Security Desk “読み取り専用” レポートおよび “ヒット” レポートで 2 つの別々の列として使用可能になりました。1 つはユーザーエンティティに対して構成される最新の値を表示する [カスタムフィールド] 列です。もう 1 つは、ALPR Manager ロールによって読み取り結果とヒットが保管されるときにユーザーエンティティの値を表示する [注記フィールド] 列です。

さまざまな都市ゾーンを移動する警察官など、異なるパトロールチームの間で交替するいくつかの Genetec Patroller™ ユーザーがあります。各パトロールチームをユーザーカスタムフィールドとして定義することにより、警察官がパトロールチーム A にいた場合、パトロールチーム B にいた場合というように、場合によって収集された読み取り結果とヒットを表示する Security Desk 内のレポートを生成できます。