動画ユニット拡張設定用の HTTPS の構成 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26
category_custom
ガイド
ガイド > 管理者ガイド

HTTPS 接続をサポートする動画ユニット用に、ユニットのウェブページで構成を追加する必要があります。

手順

  1. サーバー証明書をユニットに追加し、ユニットのウェブページで HTTPS を有効にします。詳細については、メーカーのドキュメントを参照してください。
  2. 自己署名証明書を使用している場合、次の操作を実行します。
    1. Config Tool で、カメラを管理している Archiver を選択し、[拡張設定] タブをクリックします。
    2. カメラ拡張設定を選択します。
    3. [高度なセキュリティ設定] で、必要に応じて次の操作を実行します。
      • Archiver で自己署名証明書を受け入れるには、[不明な認証局を許可します] オプションをオンに設定します。
      • Archiver で非サーバー証明書を受け入れるには、[非サーバー証明書を許可します] オプションをオンに設定します。
      • [サブジェクト名] および [別名] として入力される、ユニットの IP アドレスまたはホスト名を持たない証明書を Archiver で受け入れるには、[件名が無効な証明書を許可します] オプションをオンに設定します。
      • Archiver で期限切れの証明書を受け入れるには、[日付が無効な証明書を許可します] オプションをオンに設定します。
    4. [適用] をクリックします。
  3. カメラが以前に Security Center に追加されている場合は、次の操作を実行します。
    1. Config Tool[動画] タスクで、構成するユニットを選択します。
    2. [プロパティ] タブで [HTTPS を使用] 設定が選択されていることを確認します。
    3. HTTPS の [ポート] を構成し (デフォルトは 443)、[適用] をクリックします。
  4. カメラが Security Center に追加されていない場合は、次の操作を実行します。
    1. Config Tool[動画] タスクで [エンティティを追加] () をクリックします。
    2. [手動追加] ダイアログボックスで、カメラの追加に必要な設定を完了します。[HTTPS を使用] 設定がオンになっていることを確認します。
    3. [追加] をクリックします。