マップへのリーダーの追加 - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

マップにリーダーを追加して、Security Desk オペレーターによるマップからの読み取りとヒットのモニタリングを可能にできます。

始める前に

  • リーダーを追加するマップを作成します。
  • システム内にリーダーが構成されたドアが存在することを確認します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックして、既存のマップを開きます。
  3. ツールバーで、[エリアビュー] () をクリックし、ドア () を選択してから、追加するリーダ () を選択し、マップ上の配置場所へドラッグします。
    リーダーの選択は、デバイスの有無にかかわらず、常に可能です。デバイスが存在しない場合、オブジェクトはマップ上にオフライン (赤色) として表示されます。
    右側のパネルにマップオブジェクトを構成するためのウィジェットが表示されます。マップオブジェクトは常に、それが表現するエンティティの ID を引き継ぎます。
  4. [ID] ウィジェットで、[状態の表示] をクリックし、さまざまなリーダー状態の色を割り当てます。
    注: 有効 (またはアクティブ) と無効 (または分路) のリーダー状態は、リーダーアイコン上のカラードットによって示されます。状態選択をクリアした場合、カラードットは非表示になりますが、リーダーアイコンは非表示になりません。
    リーダー状態が変化すると、状態インジケーターはその状態に対して構成された色に変わるか、インジケーターが非表示になります。
  5. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。