読み取りおよびヒットイベントをエクスポートするための SFTP エンドポイントを構成する - Security Center 5.10

Security Center 管理者ガイド 5.10

series
Security Center 5.10
revised_modified
2021-03-26

ナンバープレート読み取りイベントまたはヒットイベントを必要なSFTP エンドポイントに自動的にエクスポートするには、ALPR Manager ロールを設定する必要があります。

始める前に

  • Security Center ライセンスに、AutoVu™ サードパーティの Data Exporter プラグインの統合に有効な証明書があることを確認します。ライセンスの詳細については、AutoVu™ サードパーティの Data Exporter についてを参照してください。
  • 安全な接続を設定するためには、対象のサードパーティ API の必須情報をすべて揃える必要があります。
  • サーバーのファイアウォールルールが、サードパーティの API で指定されているポート番号で更新されていることを確認します。

手順

  1. Config Tool のホームページで、[システム] > [ロール] をクリックし、設定する ALPR Manager をクリックします。
  2. [プロパティ] タブをクリックして [Data Exporter] オプションを有効化します。
  3. をクリックし、ドロップダウンメニューから必要となる安全な接続タイプを選択します。
  4. [パラメーター] セクションで以下を設定します。
    エンドポイント名
    必要となるサードパーティサーバーの適切な名前を入力します。
    宛先フォルダー
    サードパーティサーバーの宛先フォルダのパスを入力します。
    ファイル名テンプレート
    (オプション) ExportData フィールドに該当する値を入力します。たとえば、すべてのヒットイベントをエクスポートする場合は、ExportData_{type}_{date}_{time} からのテンプレートを Hits_{type}_{date}_{time} に変更できます。
    注: エクスポート時に、表示されたテンプレートを基にファイル名がシステムによって生成されます。タイプ、日付、時刻などのプレースホルダは対応する実際の時刻値に置き換えられます。
    エクスポート形式
    データをエクスポートする形式を選択します。
    • XML: 読み取り結果をエクスポートする場合は、このオプションを選択します。
    • JSON: ヒットの結果をエクスポートする場合は、このオプションを選択します。
    • UTMC: 読み取り結果をエクスポートする場合は、このオプションを選択します。
    • JSON2: ヒットの結果をエクスポートする場合は、このオプションを選択します。
  5. (オプション) 手順 4 で選択された [エクスポート形式][XML] または [JSON] または [JSON2] の場合は、[ファイル形式固有] セクションの以下の設定を構成してください。
    顧客 ID
    顧客から提供された値を入力します。
    注: このセクションは、ステップ 4 で選択したエクスポート形式JSON2 の場合にのみ表示されます。
    エクスポート対象
    エクスポートするイベントを選択します。
    設定のエクスポート
    必要に応じてエクスポート設定を選択します。
    画像をエクスポート
    読み取りまたはヒットと共に画像をエクスポートする場合はこのオプションを選択します。
    施行されたヒットのみ
    施行されたヒットをエクスポートする場合はこのオプションを選択します。
    クリティカル
    エクスポート操作が失敗したときに再送信するイベントを選択します。
    読み取り
    読み取りを再送信する場合はこのオプションを選択します。
    ヒット
    ヒットを再送信する場合はこのオプションを選択します。
    注: サードパーティの AutoVu™ データーエクスポーターは、イベントのエクスポートが完了するか、1000 イベント以上が再送信されるまでイベントの再試行を続けます。
  6. (オプション) [接続設定] セクションで、以下の設定を構成します。
    注: このセクションは、 [Sftp][接続タイプ] が選択されている場合のみ表示されます。
    ホスト名または IP
    宛先のホスト名または IP アドレスを入力します。
    ポート
    宛先アドレスのポート番号を入力します。
    ユーザー名
    サードパーティの API で指定された値を入力します。
    パスワード
    サードパーティの API で指定された値を入力します。
    SSH 鍵
    サードパーティの API で指定された値を入力します。
    注: 値が指定されていない場合、フィールドは空のままにすることができます。
    SSH パスフレーズ
    サードパーティの API で指定された値を入力します。
    注: 値が指定されていない場合、フィールドは空のままにすることができます。
  7. [適用] をクリックします。