メンテナンスモードのカメラ向けのイベントの有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

デフォルトでは、Security Center は、デバイスがメンテナンスモードである間、カメラおよび動画ユニットからのイベントを抑制します。デバイスがメンテナンスモード中に関連するイベントに対するアクションを引き続き機能させる場合は、構成ファイルを変更することでイベント抑制をオフにすることができます。

このタスクについて

  • カメラがメンテナンスモードになっている場合、たとえば録画が開始しましたまたは信号損失が発生しましたなどのカメライベントは生成されません。動画ユニットがメンテナンスモードになっている場合、たとえばユニットとの接続が失われましたまたは入力状態が変更されましたなどの、動画ユニットまたは動画ユニットに接続されたカメラに関連付けられたイベントは生成されません。イベントがまったく生成されない場合、関連するイベントに対するアクションは実質的に無効化されます。
  •  Archiver.gconfig ファイル内の設定は、サーバーでホストされるすべての Archiver ロールに適用されます。
  • Archiver ロールをホストするすべてのサーバーで次のステップを実行する必要があります。

手順

  1. ウェブブラウザーを使用して Server Admin を開き、ログオンします。
  2. Archiver.config ファイルを生成します。
    重要:  Archiver.gconfig ファイルがすでに存在する場合、新しいファイルを生成する前にバックアップコピーを作成します。新しい Archiver.gconfig ファイルはデフォルトの Archiver 設定を含み、既存のファイルを上書きします。デフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.x\ConfigurationFiles\ です。
    1. [概要] ページの [サーバー] セクションから、Archiver ロールサーバーを選択します。
    2. サーバー名の横で、[アクション] > [コンソール] をクリックします。
    3. [コマンド] タブをクリックします。
    4. [Archiver ロールコマンド] を展開し、[GenerateConfigFile] をクリックします。
  3. C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.x\ConfigurationFiles で、サーバーの ConfigurationFiles フォルダーを開きます。
  4. テキストエディターを使用して Archiver.gconfig ファイルを開きます。
  5. suppressUnitEventsInMaintenanceMode 設定を特定し、値を false に設定します。
  6. ファイルを保存します。
  7. サービスを再起動するか、Archiver ロールを無効化した後で有効化することにより、Archiver ロールを再起動します。
  8. 必要に応じて、Archiver ロールをホストする他のサーバーに対して手順を繰り返します。