スマート・カード・パブリック証明書のエクスポート - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk オペレーターの元のストリームを暗号化する前に、スマート・カード・パブリック証明書をエクスポートし、Windows 証明書ストアにインストールする必要があります。

始める前に

  • スマート・カード・ドライバーをインストールします。
  • スマート・カード・メーカーのツールをインストールし、証明書をエクスポートします。

このタスクについて

システムインテグレーターまたはシステム管理者は、カードリーダーが接続され動作している Security Desk クライアントワークステーションから、スマートカード証明書をエクスポートする必要があります。
スマート・カード・パブリック証明書は次の 2 つの方法のいずれかで取得できます。
  • Windows 証明書ストアを使用
  • スマート・カード・メーカーのツールおよびドキュメントを使用
次の例ではメーカーのツールを使用します。

手順

  1. Security Desk クライアントワークステーションで、a.sign クライアントを開きます。
  2. スマートカードをカードリーダーに挿入します。
  3. タスクバーから、a.sign クライアントの記号を右クリックし、[カード管理] を選択します。
    カードが読み取られ、証明書が表示されます。
  4. [暗号化証明書] の下で、[証明書を表示] を選択します。
    ヒント: 後で使用するために証明書名をメモします。
    1. [証明書の詳細] ウィンドウで、[証明書のインストール] を選択します。
    2. すべての設定をデフォルトのまま残し、[次へ] > [次へ] > [完了] の順にクリックします。
      証明書が Windows ユーザーの個人証明書ストアにインポートされます。
  5. キーボードで Win + R キーを押し、[実行] コマンドダイアログを開きます。
  6. mmc.exe と入力し、[OK] をクリックします。
  7. Microsoft 管理コンソールで、[ファイル] > [スナップインの追加と削除] の順にクリックします。
  8. [スナップインの追加と削除] ダイアログの [利用できるスナップイン] セクションで、[証明書] を選択し、[追加] をクリックします。
    1. [ユーザー アカウント] を選択し、[完了] をクリックします。
    2. [OK] をクリックします。
  9. Microsoft 管理コンソールで、[証明書 - 現在のユーザー] > [個人用] > [証明書] の順にクリックし、スマートカードからインポートされた証明書を特定します。
    1. 以前にメモを取った証明書を右クリックし、[すべてのタスク] > [エクスポート] の順にクリックします。
    2. すべての設定をデフォルトのまま残し、[次へ] > [次へ] > [完了] の順にクリックします。
  10. (オプション) ウィザードがスマートカードまたは PIN を要求する場合、[キャンセル] をクリックします。

タスクの結果

スマートカードのパブリック証明書がエクスポートされ、Security Desk クライアントワークステーションの Windows 証明書ストアにインストールされました。