システム構成に対して行われた変更の特定 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

監査証跡レポートを使用して、システム上で実行された構成変更の内容、実行したユーザー、実行した時間、および対象のエンティティ設定 (実行前後の値) を特定できます。

このタスクについて

監査証跡レポートは、エンティティのプロパティが変更されたかどうかを確認して、そうした変更をいつ誰が行ったかを特定する必要がある場合に役立ちます (たとえば、カメラの録画モードが変更された場合など)。また、エンティティの更新を要求した場合 (たとえばユーザーの権限など)、Config Tool から変更が実行されたかどうかを確認できます。

手順

  1. ホームページから、[監査証跡] タスクを開きます。
  2. レポートのクエリフィルターを設定します。次の中から 1 つ以上のフィルターを選択します。
    アプリケーション
    アクティビティに使用されたクライアントアプリケーション
    エンティティ
    調査するエンティティを選択します。名前またはタイプでエンティティをフィルタリングできます。
    変更時間
    指定した期間内に変更されたエンティティ
    変更者
    エンティティを変更したユーザーまたはロール
  3. [レポートを生成] をクリックします。

    選択したエンティティに対する変更の説明 (前後の値) の他、そうした変更をいつ誰が行ったかがレポートパネルに表示されます。