エリアへのアンチパスバックの適用 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エリアが作成され、周囲ドアが少なくとも 1 つ含まれている場合、アンチパスバックを適用して、カード所有者がまだ退場していないエリアに入場することを防ぐことができます。逆も同様です。

始める前に

保護されたエリアを作成および構成して、アンチパスバック制限を適用します。

このタスクについて

アンチパスバック対応のエリアは単一のユニットで制御する必要があります。エリアが単一のユニットで制御されない場合、アンチパスバックを適用するには、次の条件が満たされている必要があります。
  • エリア内のドアを制御するすべてのユニットは Synergis™ ユニットです。
  • エリアを制御するすべてのユニットは同じ Access Manager ロールで管理されています。
  • Access Manager ロールでグローバルアンチパスバックが有効です。

制限事項: HID ユニットで制御されるエリアの場合、アンチパスバックロジックは周囲ドアにのみ適用され、キャプティブドアには適用されません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 保護されたエリアを選択し、[詳細] タブをクリックします。
  3. [アンチパスバック] を [オン] に設定します。
  4. ドアが HID ユニットで制御される場合、[インターロック] を [オフ] に設定します。
  5. 次の項目を設定します。
    スケジュール
    アンチパスバックを常に適用する場合は、[常時] を選択します。
    タイプ
    適用するアンチパスバックのタイプ
    ソフト
    ソフトアンチパスバックはパスバックイベントのデータベースへの記録のみを行います。パスバックイベントによりドアがロック解除されることを妨げません。
    ハード
    ハードアンチパスバックは入場をデータベースに記録し、パスバックイベントによりドアがロック解除されることを妨げます。
    プレゼンスタイムアウト
    パスバック検出の目的で記憶するカード所有者がエリア内に滞在する時間 (分) を設定します (人数カウントには使用されません)。その期間が過ぎると、エリアを一度も離れなかったカード所有者はパスバックイベントをトリガーせずに再入場できます。デフォルト値のゼロ (0) 分はカード所有者の滞在がタイムアウトしないことを意味します。
    注: グローバルアンチパスバックを有効にすると、該当期間中にエリアに対するカード所有者の入場または出場が報告されない場合、7 日後にエリア内のカード所有者の滞在は忘れられます。つまり、7 日間エリアでのカード所有者の動きが登録されなかった場合、そのカード所有者はパスバックイベントをトリガーすることなく、一度も離れなかったエリアに再入場したり、一度も入場しなかったエリアから離れることができます。このことは [プレゼンスタイムアウト] が無限 (=0) に設定されている場合も適用されます。
    厳格
    このオプションは両方のタイプのアクセス違反に対してパスバックイベントを生成するためにオンにします。つまり、カード所有者が一度も離れなかったエリアに再入場しようとする場合と、一度も入場しなかったエリアから離れようとする場合です。それ以外の場合、デフォルトは [オフ] に設定され、アンチパスバックロジックはエリア入場時にのみ検証され、カード所有者が一度も離れなかったエリアに再入場しようとする場合にのみ、パスバックイベントが生成されます。
    要確認: 回転式改札口または一度に 1 人のみ通過を許可する同様の装置によって制御されないエリアで [厳格] および [ハード] アンチパスバックを有効にする場合、このエリアのモニタリングに責任を持つオペレーターにアンチパスバック違反の容赦権限を付与します。
    注: 厳格アンチパスバックがオフの場合、Card-In/REX-out 周囲ドアを設置できますが、[プレゼンスタイムアウト] パラメーターを (> 0) に構成する必要があります。厳格アンチパスバックがオンの場合、すべての周囲ドアを Card-In/Card-Out として構成し、[プレゼンスタイムアウト] を無限 (= 0) に設定する必要があり、REX は構成できません。
  6. [適用] をクリックします。