動画ファイルのプロパティを確認する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[アーカイブストレージの詳細] レポートを使用すると、動画ファイルのプロパティ (ファイル名、開始時刻、終了時刻、ファイルサイズ、保護ステータスなど) を確認できます。また、動画ファイルの保護ステータスを変更することもできます。

手順

  1. ホームページから [アーカイブストレージの詳細] タスクを開きます。
  2. レポートのクエリフィルターを設定します。次の 1 つ以上のフィルターを選択します。
    カメラ
    調査するカメラを選択します。
    カスタムフィールド
    エンティティに事前定義されたカスタムフィールドを基準に検索を絞り込みます。このフィルターが表示されるのは、エンティティにカスタムフィールドが定義されていて、定義済みのカスタムフィールドが作成時または最終構成時に可視に設定された場合のみです。
    イベントタイムスタンプ
    クエリ対象とする期間を定義します。特定の期間または全体的な時間単位 (前の週、前の月など) を指定できます。
    メディアタイプ
    検索するメディアのタイプを選択します。
    動画
    動画が記録されているファイル
    音声
    音声が記録されているファイル
    メタデータ
    メタデータ (オーバーレイなど) が含まれるファイル
    元のタイプ
    ファイルの生成元を選択して検索を絞り込みます。
    ユニットの内部ストレージからダウンロード
    カメラで作成されて Archiver によってダウンロードされ、現在 Archiver のディスク上に保管されているファイル
    別の Archiver から複製されています
    Archiver により作成されて別の Archiver に転送されたファイル
    ユニットの内部ストレージ
    カメラで作成されて現在カメラ上に保管されているファイル
    Archiver による記録
    Archiver により作成されて現在保管されているファイル
    バックアップから復元
    オフラインのバックアップセットから復元されたファイル。つまり、復元前は Security Center からアクセスできなかったアーカイブを格納するバックアップファイルから復元されたファイル。
    ソース
    カメラが属するシステムの名前
    ステータス
    調査する動画ファイルのステータスを選択します。
    保護解除
    Archiver の定期クリーンアップに対して保護されていない動画ファイル。これらのファイルは、保持期間が満了した時点、または Archiver ロールの設定によっては Archiver のディスクスペースがなくなった時点で削除されます。
    保護終了
    過去 24 時間以内に保護解除した動画ファイル
    保護
    保護されている動画ファイル。ディスクがいっぱいになっても削除されません。これらのファイルには、保護終了日を指定することもできます。
  3. [レポートを生成] をクリックします。

    レポートパネルに、選択したカメラに関連付けられた動画ファイルがそのファイルプロパティと併せて一覧表示されます。

  4. タイルで動画シーケンスを閲覧するには、動画ファイルをダブルクリックするか、レポートパネルからキャンバスに動画ファイルをドラッグします。

    選択したシーケンスの再生が直ちに開始されます。

次のタスク

  • Security Desk の動画アーカイブをエクスポートするには、レポートパネルでアイテムを選択してから [動画をエクスポート] () をクリックします。
  • 動画ファイルを削除するには、レポートパネルでアイテムを選択してから [削除] () をクリックします。
  • 動画アーカイブを自動削除から保護するには、レポートパネルでアイテムを選択してから [保護] () をクリックします。
  • 動画アーカイブの保護を解除するには、レポートパネルでアイテムを選択してから [保護解除] () をクリックします。