レポートの生成と保存 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

レポートの生成を待ってから結果をエクスポートする代わりに、レポートを生成してファイルの場所に直接保存できます。

このタスクについて

レポートの生成と保存は、レポートが生成されるまでワークステーションで待機する必要がないので便利です。また、通常のレポート生成のように結果の数が 10, 000 に制限されることはないので、クエリによる結果が多数ある場合も役立ちます。
注: このコマンドをサポートするタスクは、結果がディレクトリではなくロールデータベースから照会されるものです。

手順

  1. 既存のレポートタスクを開くか、新しいレポートタスクを作成します。
  2. [フィルター] タブで、クエリフィルターを使用し、カスタマイズされた検索を作成します。
    注: フィルターの一部には [すべて選択] ボタンがあります。このボタンは選択可能なエンティティの数が 100 を超える場合は表示されません (たとえば、1500 人分のカード所有者のリストがある場合など)。これは、照会するエンティティの数が多すぎるとレポートの生成が長時間になるためです。
  3. レポートパネルで、列見出しを右クリックし、[列を選択] () をクリックします。
  4. 保存されるレポートに含める列を選択し、[保存] をクリックします。
  5. レポートを生成 の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[レポートを生成して保存] をクリックします。
  6. ダイアログボックスで、次のオプションを設定します。
    ファイル形式
    ファイル形式を選択します。CSV のみがサポートされています。
    宛先ファイル
    ファイル名を選択します。
    方向
    (PDF のみ) PDF ファイルを縦向きまたは横向きのどちらのモードにするかを選択します。
    関連付けられたファイルのフォルダー
    関連付けられたファイル (カード所有者の写真、ナンバープレートの画像など) を保存する場所を指定します。
  7. [エクスポート] をクリックします。

タスクの結果

レポートは指定された場所に保存されます。