インポートされたカード所有者のステータスの変更 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center でインポートされたカード所有者のステータスと有効期限日を変更できます。カード所有者は AD からの同期が解除されます。

手順

  1. [アクセスコントロール] タスクを開きます。
  2. インポートされたカード所有者 () を選択し、[プロパティ] タブを開きます。
  3. [ステータス] セクションで、スライダーを [同期を維持] から [オーバーライド] へ移動します。
  4. カード所有者のステータスと有効期限日を次のように設定します。
    ステータス
    ステータスを [有効] または [無効] に設定します。認証情報を機能させて、任意のエリアにアクセスできるようにするには、ステータスを [有効] にする必要があります。
    有効化
    現在の日付が表示されます。
    有効期限
    プロファイルの有効期限を設定します。
    無期限
    有効期限はありません。
    特定の日付
    特定の日付と時刻に有効期限が切れます。
    最初の使用時に基づいて有効期限を設定
    初めて使用した日から指定の日数を経過した時点で有効期限が切れます。
    使用されていない場合
    指定した日数にわたって認証情報が使用されないと有効期限が切れます。
  5. [適用] をクリックします。

タスクの結果

カード所有者は AD との同期が解除されます。カード所有者のステータスを [同期を維持] に設定するときにのみ、再度同期されるようになります。