駐車ゾーン収容状況メトリックの向上に関する推奨事項 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

AutoVu™ Free-Flow の駐車ゾーン収容状況メトリックの精度を高めるため、ナンバープレート読み取り結果を編集する必要があることを駐車ゾーンのオペレーターに通知するアラートを作成できます。駐車ゾーンインベントリをリセットを自動化することもできます。

AutoVu™ Free-Flow を使用するときは、次のアクションを構成することをお勧めします。

低い信頼スコアと NOPLATE 読み取り結果に対してイベントに対するアクションを構成する

駐車ゾーン収容状況の精度を高めるには、オペレーターがすべての NOPLATE プレート読み取り結果 (Sharp で有効になっている場合) と信頼スコアが低いプレート読み取り結果を編集することが重要です。プレート読み取り結果を編集する必要があることをオペレーターに通知するイベントに対するアクションを構成することをお勧めします。

  • 信頼スコア: [タイミング]: [ナンバープレート読み取り結果]AND: [Confidence Score] < 50 を使用するイベントに対するアクションを作成します。
    注: 許容可能な信頼スコアは、環境と使用する LPR コンテキストによって異なります。
  • NOPLATE: [タイミング]: [ナンバープレート読み取り結果]AND: [PlateNumber] = "NOPLATE" を使用するイベントに対するアクションを作成します。

駐車ゾーンインベントリをリセットするスケジュール済みのタスクを構成する

日中の特定の時点で (たとえば、駐車場の閉場時など)、すべての駐車セッションが終了し、駐車場に残っているすべての車両はチケットが発行されたか、牽引が必要であると想定できます。[アクション]: [駐車ゾーンインベントリのリセット] を使用するスケジュール済みのタスクを作成して、駐車ゾーンインベントリをリセットできます。