アクセス・コントロール・ユニット - HID - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[アクセスコントロール] タスクで使用できる、HID アクセス・コントロール・ユニットの [プロパティ] タブの設定について説明します。このタブでは、HID ユニットを検出した後の接続パラメーター (ログオン認証情報など) と特定の入力の用途を更新できます。

接続設定

このセクションでは、Access Manager がユニットと通信するための接続パラメーターを示します。これらの設定は、システムに HID ユニットが追加されたときに初期化されます。ユニットの Web ページを使用するか、ユニットの登録後に HID Discovery GUI を使用するか、または弊社の担当者の指示に従ってユニットの設定を変更する場合を除き、これらの設定を変更しないでください。
ユーザー名とパスワード
HID ユニットにログオンするために使用するユーザー名とパスワード
変換されたホストアドレスを使用する
ユニットと Access Manager の間に NAT ルーターがある場合、このオプションを選択します。ユニットから可視の NAT ルーターの IP アドレスがここに設定されます。
静的 IP
(推奨) HID ユニットで固定 IP アドレスを使用する場合、このオプションを選択して、IP アドレス、ゲートウェイ、サブネットマスクを手動で構成します。
DHCP を使用
HID ユニットの IP 構成を DHCP サーバーに割り当てさせるには、このオプションを選択します。DHCP オプションを使用する場合は、DHCP サーバーが常に同じ IP アドレスをユニットに割り当てるように構成されている必要があります。

全般設定

このセクションでは、HID ユニットの全般設定を示します。
サーバーモード
HID ユニットはサーバーモード をサポートしていないため、このオプションは常にグレー表示されます。
セキュアモード
セキュアモードを有効にすると、セキュアでない FTP および Telnet プロトコルが無効にされます。また、Access Manager と HID ユニット間の接続がネットワーク障害による影響を受けにくくなります。このオプションを使用できるのは、HID ユニットがセキュアモードのファイアウォール要件を満たしている場合のみです。
AC エラーをモニタリング
AC エラーのモニタリングや汎用入力として [AC エラー] 入力を使用している場合は、このオプションを選択します。
バッテリエラーをモニタリング
バッテリエラーのモニタリングや汎用入力として [バッテリエラー] 入力を使用している場合は、このオプションを選択します。
リーダーの監督
リーダーの監督 (リーダーの接続切断や Security DeskConfig Tool での停電を検出する機能) を有効にするには、このオプションを選択します。この機能を有効にするには、この HID ユニットに接続されているすべてのリーダーを監督対象として構成する必要があります。また、物理リーダーのそれぞれで HID 構成カードを提示して監督モードを有効にする必要もあります。
タイムアウト
([リーダーの監督] が選択されている場合のみ) リーダーがオフラインであることを検出するために使用するタイムアウト。タイムアウトの値は、リーダーで構成されている [有効] 信号のサイクル時間 (デフォルト = 10 秒) の 3 倍以上に設定することをお勧めします。