駐車ゾーンの追加と構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

AutoVu™ Free-Flow を使用する Security Center で物理的な駐車場を管理するには、初めに駐車ゾーンを定義し、Sharp カメラを入場または退場カメラとして割り当てる必要があります。

始める前に

手順

新しい駐車ゾーンを追加するには:

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクをクリックします。
  2. エンティティツリーで、駐車ゾーンを追加するエリアをクリックします。
  3. [エンティティを追加] () をクリックし、[駐車ゾーン] を選択します。
    エリアの下に新しい駐車ゾーンが追加されます。

駐車ゾーンを構成するには:

  1. [ID] タブで、駐車ルールの名前を変更し、[説明] および [論理 ID] (オプション) を追加します。
  2. 駐車ゾーンの [プロパティ] タブをクリックします。
  3. [LPR Manager] ドロップダウンリストから、駐車ゾーンが割り当てられる LPR Manager を選択します。
    警告: LPR Manager を削除した場合、それに割り当てられているすべての駐車ゾーンも削除され、関連するすべての駐車データが失われます。
    注: 選択された LPR Manager に関連付けられた Sharp カメラのみが駐車ゾーンのモニタリングに使用できます。
  4. [LPR カメラ] セクションで、[アイテムの追加] () をクリックします。駐車ゾーンに設定されている Sharp カメラを選択し、[OK] をクリックします。
  5. 駐車ゾーンをモニタリングしている各 Sharp カメラに関して、モニタリング対象のレーンが退場なのか入場なのか、またはレーンが入場と退場の両方の機能を持っているかを指定する必要があります。

    次のパラメーターを使用してレーン方向を定義します。

    レーン方向:

    入場
    Sharp カメラは駐車場の入場レーンをモニタリングしています。
    退場
    Sharp カメラは駐車場の退場レーンをモニタリングしています。
    入場と退場
    Sharp カメラは車両がカメラに向かっているのか、カメラから離れていくのかを検知できます。そのため、車両の前部と後部の両方にナンバープレートが付いている場合、Sharp カメラ 1 台で駐車場の入場と退場の両方に使用されているレーンをモニタリングできます。
  6. 駐車ゾーンをモニタリングしている各 Sharp カメラに関して、交通がカメラに相対して動いている方向を指定する必要があります。

    次のパラメーターを使用してレーン方向を定義します。

    相対運動: Sharp カメラは車両がカメラに向かっているのか、カメラから離れていくのかを検知できます。この情報を使用して、駐車ゾーンは特定の方向に移動している車両を無視できます。

    重要: 必要な場合のみ、相対運動でフィルタリングします。1 つのレーンのみが見えるようにカメラを設置し、レーンの通行方向がただ 1 つの場合、相対運動機能を使用する必要はありません。

    レーン方向として [入場] または [退場] を選択する場合、次のオプションを使用できます。

    無視
    このオプションはただ 1 つのレーンが片方向の通行の環境画像に見える場合にのみ使用します。
    接近している
    カメラが両方向に移動している車両を検知する場合で、車両がカメラに向かって移動している場合または交通の方向が検知できない場合にのみ車両を登録するには、この設定を使用します。
    遠ざかっている
    カメラが両方向に移動している車両を検知する場合で、車両がカメラから遠ざかって移動している場合または交通の方向が検知できない場合にのみ車両を登録するには、この設定を使用します。

    レーン方向として [入場と退場] を選択する場合、次のオプションを使用できます。

    入場するための接近
    1 台のカメラを使用して入場と出場の両方を検知し、車両が駐車場に入場する際にカメラに対して接近する場合、このオプションを使用します。
    退場するための接近
    1 台のカメラを使用して入場と出場の両方を検知し、車両が駐車場から退場する際にカメラに対して接近する場合、このオプションを使用します。
  7. [定義] セクションで、駐車場に関する次のパラメーターを構成します。
    収容数
    駐車場内の物理的な駐車スペースの数
    注: 駐車ゾーンの収容台数は LPR Manager の容量のしきい値設定と連動して機能します。容量のしきい値に達すると、容量のしきい値到達イベントが生成されます。
    最大セッション時間
    これは車両の 駐車セッション駐車ゾーン の滞在制限を超過したとみなされるまでの期間です。この時点の後、車両のナンバーが退場時に読み取られなかったこと、および車両が駐車場内にないことが想定されます。車両は Security Desk 駐車セッション タスクで作成される駐車セッションレポートに表示されません。
    駐車ルール
    駐車ゾーンに適用する駐車ルールを選択します。

    駐車ルールの構成ページに移動するには、対象のルールを選択してから をクリックします。

  8. [施行] セクションで、駐車場に関する次のパラメーターを定義します。
    違反ホットリスト
    駐車セッションが違反状態に達した車両の情報が入力されるホットリストを選択します。選択されたホットリストは 1 分ごとに更新され、Genetec Patroller™ 車両を使用して違反を施行するために使用できます。
  9. [適用] をクリックします。

次のタスク

(オプション) 特定の時点で (たとえば、駐車場の閉場時など)、すべての駐車セッションが終了し、駐車場に残っているすべての車両はチケットが発行されたか、牽引が必要であると想定できます。[アクション] [駐車ゾーンインベントリのリセット] を使用して、駐車ゾーンインベントリをリセットできます。