共通の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

一部の構成タブは、ほとんどの Security Center エンティティで共通して使用されます。

[ID] タブ

[ID] タブには、エンティティに関する情報として、エンティティの名称、説明、論理 ID などが表示されます。このタブから、関連するエンティティの構成ページに直接移動できます。
タイプ
エンティティタイプ。
アイコン
エリアビュー、[ID] タブ、マップなどでエンティティに割り当てられているアイコン

アイコンの設定を変更するには、[アイコンを変更] ドロップダウンリストをクリックします。

  • [参照...] をクリックすると、独自のカスタムアイコンに移動して、そのアイコンを選択できます。
  • [リセット] をクリックすると、デフォルトのアイコンに復元されます。
注: ドアは 2 つのアイコンによって、閉鎖されているか開放されているかが示されます。
名称
Security Center でのエンティティの名称。各エンティティに一意の説明的な名称を付けることをお勧めします。場合によってはデフォルトの名称が作成されますが、名称は変更できます。エンティティ名は、次のエンティティを除いて編集可能です。
サーバーエンティティ
これらのエンティティの名称はマシン名に対応するため、変更することはできません。
フェデレーションエンティティ
これらのエンティティの名称はオリジナルのシステムで定義されているため、フェデレーションで変更することはできません。
説明
エンティティに関するオプション情報
論理 ID
システムで識別しやすいように割り当てられている一意の番号 (主に、CCTV キーボード操作で使用します)
関係

このエンティティとシステム上の他のエンティティとの関係のリスト

リストの下にあるコマンドボタンを使用して、システム内でのこのエンティティと他のエンティティの関係を管理できます。

  • 新しい関係を追加する場合は、[] をクリックします。
  • 関係を削除する場合は、関連するエンティティを選択してから [] をクリックします。
  • 関連するエンティティの構成ページに移動する場合は、対象のエンティティを選択してから [] をクリックします。
具体的な情報
特定のエンティティタイプ (動画ユニットなど) については、このタブに追加情報が表示されます。

[カメラ] タブ

[カメラ] タブを使用すると、エンティティにカメラを関連付けて、Security Desk でエンティティを表示するときに、エンティティアイコンではなくカメラが表示されるようにできます。

このタブでは、次の操作を行うことができます。

  • カメラを追加する場合は、[] をクリックします。
  • 選択したカメラを削除する場合は、[] をクリックします。

カスタムフィールド

[カスタムフィールド] タブでは、エンティティに定義されているカスタムフィールドを表示および変更できます。以下に一例として、カード所有者エンティティの [カスタムフィールド] タブのスクリーンショットを示します。

このタブが表示されるのは、該当するタイプのエンティティにカスタムフィールドが作成されている場合のみです。

[カスタムフィールド] タブ (カード所有者エンティティの場合)

上記の例では、カード所有者エンティティに 5 つのカスタムフィールドが定義されています。これらのフィールドは、次のように 2 つのグループに分かれています。
  • 従業員情報
    • 雇用された日
    • 部門
    • オフィス内線番号
  • 個人情報
    • 性別
    • 自宅の電話番号
    • 携帯電話番号 (必須としてフラグが立てられています)

[ロケーション] タブ

[ロケーション] タブには、エンティティのタイムゾーンと地理的な位置に関する情報が表示されます。この情報は、マップ上のエンティティの実際の位置に影響するものではありません。
タイムゾーン
エンティティイベントは、このタイムゾーンを使用して、エンティティのローカルタイムゾーンで表示されます。Security Center では、すべての時刻が UTC 形式でデータベースに保管されますが、時刻の表示はエンティティのローカルタイムゾーンで行われます。エンティティの現在時間はタイムゾーンの下に表示されます。
ロケーション
エンティティの地理的な位置 (緯度と経度)。
このロケーション設定は、次のタイプのエンティティにのみ使用されます。
  • 動画ユニットでは、特定の日付の日の出の時間と日没時間を計算するためにロケーション設定が使用されます。
  • GPS レシーバーが備わっていない固定 LPR ユニットでは、LPR ユニットに関連付けられた LPR イベント (読み取りヒット) を Security Desk のマップに描画するために、地理的な位置が使用されます。