マップへのマップオブジェクトの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

マップを対話可能にするにはマップにマップオブジェクトを追加する必要があります。

始める前に

します。マップオブジェクトを追加するマップを作成します。

このタスクについて

  • マップオブジェクトは、マップ上の Security Center エンティティまたは地理的機能 (都市、高速道路、河川など) のグラフィック表現です。マップオブジェクトを使用すると、マップを開いたままシステムと対話できます。
  • カメラまたは他のエンティティを別のマップと共有するマップを作成する場合、1 つのマップから別のマップへ、エンティティとその構成をコピーして貼り付けることができます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックして、既存のマップを開きます。
    選択されたマップが Map designer ワークスペースを埋めます。
  3. 次のいずれかの操作を実行します。

次のタスク

マップ タスクを使用して、Security Desk 内のマップオブジェクトを表示およびテストします。