Server Admin - [概要] ページ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Server Admin の [概要] ページには、Security Center のライセンス情報と、システム内のすべてのサーバーに適用される共通の設定 (Watchdog、接続、SMTP) が表示されます。

ダッシュボード (左上)

ダッシュボードには常に、システムの次のコンポーネントのステータス ( = 準備完了、 = 準備中、 = 対応不可) が示されます。
データベース
Directory データベース。クリックすると Directory データベースの構成セクションが表示されます。
Directory
Directory ロール。クリックして Directory ロールを起動、停止、再起動します。
ライセンス
Security Center のライセンス。クリックして、ライセンスを有効にしたり、ライセンスの詳細を表示します。

サーバー (左側のパネル)

システムで検出されたすべてのサーバーのリスト (メインサーバーに接続している場合のみ)。リスト内のサーバーをクリックすると、そのサーバーの構成ページが表示されます。
各サーバーのステータスと役割は、次のように示されます。
プライマリ Directory サーバー (メインサーバー)
セカンダリ Directory サーバー
アイコンなし
拡張サーバー
サーバーは稼働中です。
サーバーは停止しています。
サーバーで問題が発生しました。

ライセンス

Security Center ライセンスのステータスと情報。
パッケージ名
ソフトウェアパッケージの名称
有効期限
ライセンスの有効期限日
システム ID
使用中のシステムの ID 番号
会社名
ユーザーの会社の名称
Genetec Advantage ID
Genetec™ Lifecycle Management (GLM) 契約の ID。GLM 契約を購入していない場合、このフィールドに値は設定されません。
Security Center サブスクリプションの有効期限
Genetec™ Lifecycle Management (GLM) 契約の有効期限日
変更
Security Center ライセンスを有効化または変更する場合にクリックします。
詳細
クリックすると、Security Center ライセンスの詳細が表示されます。

Watchdog

このセクションを使用して、Genetec™ Watchdog サービスを構成します。Watchdog の役割は、Genetec™ Server サービスが常に実行中の状態を維持するようにすることです。
サーバーポート
Watchdog とサーバー間の通信ポート
電子メールの送信条件
エラー警告通知 イベントの発生時に、Watchdog から受信者リストに電子メールで通知を送信します。
受領者
Watchdog からの電子メールを受信する Security Center ユーザー

接続設定

このセクションを使用して、Server Admin との接続設定を構成します。
ローカルマシンのみ
Server Admin との接続をローカルマシンにのみ制限する場合は、このオプションを有効にします。
パスワード
Server Admin のログオンパスワード

SMTP

このセクションを使用して、Security Center 内で電子メールメッセージを処理する SMTP サーバーを構成します。
サーバーアドレス
SMTP メールサーバーの DNS 名または IP アドレス
サーバーポート
サーバーポートは通常、25 です。ただし、メールサーバーが別のポートを使用する場合もあります。
「送信元」電子メールアドレス
電子メールの送信者として表示される電子メールアドレス
SSL 接続を使用
メールサーバーとのセキュア通信を有効にします。
認証が必要
メールサーバーが認証を必要とする場合は、このオプションを有効にします。その場合、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
テスト電子メールを送信
テスト電子メールを送信して SMTP 接続を検証します。