動画ファイルの削除からの保護 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Archiver のディスクスペースがいっぱいになった場合や通常の保持期間が終了した場合に、重要な動画映像をシステムによる削除から保護できます。

このタスクについて

動画が削除されないよう保護することができます。保護対象の動画シーケンスを保管する動画ファイルのすべてに対して、保護が適用されます。動画ファイルを部分的に保護することはできないため、保護された動画シーケンスの実際の長さは、動画ファイルの粒度に依存します。

Archiver は部分的なファイルを保護できないため、選択するセグメントよりも大きなセグメントを保護する場合があります。

注意:
ディスク上に存在する保護された動画ファイルの数が多すぎると、新しい動画ファイルに使用可能なストレージスペースが減少する可能性があります。ストレージスペースの浪費を回避するには、各ディスク上の保護された動画ファイルのパーセンテージを定期的に確認します。

ストレージスペースを解放するには、アーカイブ転送 を使用して別の Archiver に保護された動画ファイルのバックアップまたは保護されたファイルの複製を行い、元の動画ファイルの保護を解除します。

手順

  1. [アーカイブストレージの詳細] タスクを開きます。
  2. レポートを生成します。
    レポートパネルに、選択したカメラに関連付けられた動画ファイルが一覧表示されます。
  3. レポートパネルで、保護する動画ファイルを選択してから [保護] () をクリックします。
    複数の動画ファイルを選択するには、Ctrl または Shift キーを押したままにします。
  4. [アーカイブの保護] ダイアログボックスで、保護する動画の [開始時間] と [終了時間] を設定します。
  5. 次のオプションの中から、動画ファイルを保護する期間を選択します。
    無期限
    終了日なし。レポートパネル内の動画ファイルを選択し、[保護解除] () をクリックすることで、保護を手動で削除する必要があります。
    注: 保持期間が過ぎても、保護解除された動画ファイルはすぐに削除されません。必要があれば、24 時間以内に動画保護を復元できます。
    x 日間
    選択した日数の間、動画ファイルが保護されます。
    期限
    選択した日付まで、動画ファイルが保護されます。
  6. [保護] をクリックします。

タスクの結果

動画ファイルは保護されます。