ホットリストの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[LPR] タスクで使用できる、ホットリストのさまざまな構成タブの設定について説明します。

ホットリスト - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブでは、ホットリストの基本的なプロパティ (ホットリストの優先度、ホットリストのパス、属性など) を構成できます。これらの設定によって、Security Center でホットリストファイルを Patroller に必要な形式に変換する方法や、Sharp ユニットで読み取られたプレートを LPR Manager で識別する方法を指定します。
優先度
ホットリストの優先度。ゼロ (0) が最も高い優先度設定で、100 が最も低い優先度設定です。読み取られたプレートに一致するホットリストが複数ある場合、ホットリスト一致リストの先頭に、最大の優先度が設定されたホットリストが表示されます。
ホットリストパス
ホットリストデータ (ナンバープレート番号やその他の関連する車両情報) を格納する、ホットリストのソース・テキスト・ファイルのパス。ソース・テキスト・ファイルは LPR Manager コンピューターのローカルドライブ (C ドライブなど) に配置することも、LPR Manager コンピューターからアクセス可能なネットワークドライブに配置することできます。
区切り文字を使用
ホットリストファイル内のフィールドの長さが可変であることを Security Center に通知し、ファイル内の各フィールドを区切るために使用する文字を指定します。デフォルトでは、[区切り文字を使用] は [オン] に設定され、区切り文字としてセミコロン (;) が指定されています。ホットリストファイル内のフィールドが固定長の場合は、[区切り文字を使用] を [オフ] に設定します。
エディターで表示
ユーザーがホットリスト/許可エディタータスクを使用してホットリストや許可リストを編集できるようにします。
属性
Security Center に対し、ソース・テキスト・ファイル内のフィールド (属性) の名前と順序を指示します。

ホットリスト - [詳細] タブ

[詳細] タブでは、ホットリストの高度なプロパティ (色、サウンド、ダウンロード頻度など) を構成できます。すべてのホットリストに必要になるわけではありませんが、高度なプロパティを使用することで、特定のシナリオに応じてホットリストをカスタマイズできます。
ホットリストに色を割り当てます。色を選択すると、Security Desk および Genetec Patroller™ 内ならびに Genetec Patroller™ のホットリストとヒットの確認画面内でホットリストヒットの場所を示すマップ記号がその色で表示されるようになります。
ワイルドカードを使用
ホットリストにワイルドカード (部分的ナンバープレート番号) が含まれることを示します。プレート番号には最大 2 つのワイルドカード文字 (アスタリスク *) を含めることができます。目撃者が完全なナンバープレート番号を見られなかった、あるいは思い出せないといった状況では、ワイルドカードが含まれるホットリストを使用します。これにより警備員は、標準のホットリストでは検出されないような、犯罪に関係する可能性のある車両を検出できます。
非公開
ホットリストを隠しホットリストとして設定します。この設定を選択すると、ヒットが発生しても Genetec Patroller™ ユーザーには警告が出されません。十分な権限を持つユーザーのみが Security Desk隠れヒットを表示できます。
電子メールアドレス
構成するホットリストでヒットが生成されたときに通知を送信する宛先のメールアドレス
サウンドファイル
ホットリストヒットが発生したときに Genetec Patroller™ が再生するサウンド。このフィールドを空白のままにすると、Genetec Patroller™ はデフォルトのサウンドを再生します。このパス (ファイル名を含める必要があります) は、Genetec Patroller™ 車載コンピューター上のファイルの場所を示します。
メールのプライバシーをオーバーライド
Directory レベルで適用したプライバシー設定をバイパスし、この特定のホットリストに指定されたメールアドレスに、実際の LPR データを添付したメールを送信します。
定期転送を無効化
Genetec Patroller™ コンピューターへのホットリスト変更内容の定期転送を無効にします。この設定がオフにされている場合、ユーザーがアプリケーションにログオンしたときにのみ、ホットリストの変更内容が Genetec Patroller™ にダウンロードされます。このオプションを使用するには、Genetec Patroller™Security Center の間にワイヤレス接続が必要です。
変更時の転送を有効化
ホットリストが変更されるとすぐに、その変更内容を Genetec Patroller™ に転送します。たとえば、Genetec Patroller™ が定期転送間隔 (すべてのホットリストに適用されます) よりも頻繁にホットリスト変更のクエリを実行するようにするには、ホットリストでこのオプションを使用できます。このオプションを黄色のアラームに利用すると、黄色のアラームを特定のホットリストに追加して、Genetec Patroller™ にほぼ即時に送信されるようにできます。このオプションを使用するには、Genetec Patroller™Security Center の間に永続的なワイヤレス接続が必要です。