タスクのオープン - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center でたいていのことを実行するには、初めにタスクを開く必要があります。

このタスクについて

Security Center タスクの中にはただ 1 つのインスタンスを持つものと、複製可能な複数のインスタンスを持つものがあります。単一インスタンスタスクの名前は変更できません。

手順

  1. ホームページから、次のいずれかの操作を実行します。
    • タスク名を入力します 検索(ボックスに)。
    • クリックします: タスクタブ、それから [すべてのタスクを参照] をクリックします。
    • 保存されたタスクを開くには、[プライベートタスク] または [パブリックタスク] タブをクリックします。
  2. タスクをクリックします。
    注: タスクをバックグラウンドで開くには、Ctrl キーを押してタスクをクリックします。
    タスクのただ 1 つのインスタンスが許可される場合、新しいタスクが作成されます。
  3. タスクの複数のインスタンスが許可される場合、タスク名を入力し、[作成] をクリックします。
    新しいタスクが開き、タスクリストに追加されます。
  4. (管理タスクのみ) タスクに複数のエンティティビューが含まれる場合、構成するビューを選択します。
    複数のエンティティを構成できるタスクには、タスクアイコンにプラス記号が示されます。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。