Intrusion Manager の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Intrusion Manager ロールの設定は、Security Center Config Tool の [侵入検出] タスクで構成します。

Intrusion Manager - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックし、Intrusion Manager データベース内に侵入イベントを保持する期間を構成します。
イベントの保持
Intrusion Manager によってデータベースに記録された侵入検出イベントを保持する期間を指定します。この期間が経過すると、イベントがデータベースから削除されます。
再接続遅延
Intrusion Manager がオフラインになったユニットとの再接続を試行するまで待機する時間を指定します。

Intrusion Manager - [拡張設定] タブ

[拡張設定] タブをクリックして、この Intrusion Manager ロールによって制御されている侵入ユニットのモデルを確認します。

このロールの作成時に、サポートされるすべての拡張設定 がデフォルトで作成されます。

Intrusion Manager - [入力定義] タブ

入力タイプのアイコンを変更するには、[入力定義] タブをクリックします。入力のタイプは、侵入検出ユニットの [周辺機器] ぺージで指定できます。デフォルトのアイコンは次のとおりです。
  • 強盗 ()
  • ドア ()
  • フェンス ()
  • 火災センサー ()
  • ガス ()
  • 運動センサー ()
  • パニック ()
  • 窓 ()

Intrusion Manager - [リソース] タブ

このロールに割り当てられるサーバーとデータベースを構成するには、[リソース] タブをクリックします。
サーバー
このロールをホストしているサーバー
データベースのステータス
データベースの現在のステータス
データベースサーバー
Microsoft SQL Server サービスの名称 (デフォルト = (local)\SQLEXPRESS)
データベース
データベースインスタンスの名前
アクション
このロールのデータベース上で実行できる次のメンテナンス機能
データベースの作成 ()
新しいデータベースを作成します。
データベースの削除 ()
データベースを削除します。
データベース情報 ()
データベース情報を表示します。
通知 ()
データベースの空きスペースが残りわずかになったときの通知を設定します。
バックアップ/復元 ()
データベースをバックアップまたは復元します。