デフォルトのセキュリティオプションを使用して Security Center をインストールした後、カメラが動作しなくなる - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

デフォルトのセキュリティ設定を使用して Security Center をインストールすると、ダイジェストアクセス認証をサポートしていないカメラは動作しなくなる場合があります。この問題を修正するには、動画ユニットまたはメーカーによる Basic アクセス認証を再有効化します。

このタスクについて

ダイジェストアクセス認証は、最近の動画ユニットモデルの大半がサポートしている認証スキームです。この認証スキームではパスワードがネットワークを介して送信される前にハッシュ化されるため、Basic アクセス認証よりもセキュリティが強化されます。このことから、デフォルトでは Basic アクセス認証が無効化されます。インストール後に、ダイジェストアクセス認証をサポートしてないカメラがあることに気付いた場合は、Config Tool でそれらのカメラを Basic アクセス認証に戻すことができます。

セキュリティを強化するために、Security Center は特定の動画ユニットがダイジェスト認証スキームをサポートしているかどうかを記憶します。システムがダイジェスト認証スキームを使用して正常に動画ユニットに対して認証された後に、それよりもセキュリティの弱い Basic 認証スキームに戻すことはできません。各カメラで使用される認証スキームは、[ハードウェアインベントリ] レポートで確認できます。

手順

特定の動画ユニットで Basic 認証スキームに戻すには:

  1. Config Tool で、[ハードウェアインベントリ] タスクを開きます。
  2. システム内で無効になっている (赤色で示された) 動画ユニットに対してレポートを実行します。
    右にスクロールしないと [認証スキーム] 列が表示されない場合もあります。
  3. レポートパネルで無効になっている動画ユニットを選択し、[認証スキームをリセット] をクリックします。
    [認証スキーム] が [匿名] に変わります。Archiver が正常に動画ユニットに接続した後、そのユニットで使用されている認証スキームが表示されます。

特定のメーカーの動画ユニットを基本認証スキームに戻すには:

  1. Config Tool で、[動画] タスクを開きます。
  2. カメラを制御している Archiver ロールを選択し、[拡張設定] をクリックします。
  3. 目的のメーカーを選択し、[Basic 認証を拒否] を [オフ] に設定します。
  4. [適用] をクリックします。