共有の駐車許可の有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

AutoVu™ Free-Flow 駐車システムで、複数の車両に対して同じ駐車許可を使用するには、Security Center で共有許可を有効化する必要があります。

このタスクについて

  • 共有許可を有効化すると、その構成は Security Center で構成されているすべての駐車ゾーンに適用されます。
  • 共有許可を使用するには、その許可が Pay-by-Plate Sync プラグインを使用してサードパーティの駐車許可プロバイダーから取得したものである必要があります。Security Center では車両に対する静的な許可を定義できますが、こうした許可は車両間で共有できません。
  • この機能を使用するには、Pay-by-Plate Sync 許可プロバイダーが共有許可をサポートしている必要があります。

手順

  1. Security Center Server Admin () アプリケーションを起動します。
  2. サーバーのインストール時に設定したサーバーパスワードを入力し、[ログオン] をクリックします。
    Server Admin [概要] ページが表示されます。
  3. [サーバー] リストから、サーバーを選択します。
  4. [アクション] ドロップダウンリストから、[</> コンソール] を選択します。
  5. [コマンド] タブを選択します。
  6. コマンドリストから、[駐車管理コマンド] を展開します。
  7. 次のいずれかをクリックし、関連するコマンドを実行します。
    • 共有許可機能の無効化: この機能を無効化すると、共有許可ヒットの処理がオフになります。同じ許可 ID を持つ車両は違反になりません。
    • 共有許可機能の有効化: この機能を有効化すると、同じ Pay-by-Plate Sync 許可エンティティを所有する駐車ゾーン内の共有許可ヒットの処理が有効になります。同じ許可 ID を持つ車両は違反になります。
      ヒント: [印刷モジュール設定] コマンドを実行すると、共有許可機能を含む、いくつかの構成の現在のステータスを表示します。