プライバシー保護が Security Center で機能していない - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center でカメラに対してプライバシー保護が機能していない場合、この問題をトラブルシューティングできます。

このタスクについて

  • プライバシー保護の CPU 要件は高いため、わずかな数の高解像度ストリームでも、単一の Privacy Protector™ サーバーでは処理しきれない場合があります。
  • プライバシー保護はネイティブカメラでのみサポートされます。フェデレーションカメラや DVR でプライバシー保護を有効にすることはできません。装着式カメラはサポートされません。

手順

  1. ユニットが Security Center でサポートされていること、認定済みファームウェアを実行していることを確認します。
    Security Center でサポートされている動画ユニットのリストについては、サポート対象デバイスリストを参照してください。
  2. Security Center リリースノート』で、使用するカメラについてプライバシー関連の既知の問題や制限事項がないことを確認します。
  3. カメラに対してプライバシー保護設定が正しく構成されていることを確認します。
  4. 単一のサーバーが処理できるストリームの数を最大限にするには、次のようにします。
    • エンコードを効率化する Quicksync テクノロジーをサポートしている Intel CPU コアを使用します。
    • 元の動画ストリームのフレームレートと解像度を制限するようにします (カメラ構成)。
    • 高性能のワークステーションを使用します。