アラームの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[アラーム] タスクで使用できる、アラームのさまざまな構成タブの設定について説明します。

アラーム - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブでは、アラームの必須プロパティを定義できます。
優先度
状況の緊急性に基づく、アラームの優先度 (1-255)。優先度の高いアラームほど Security Desk の最初に表示されます。
受信者
アラームが発生すると通知される、アラーム状態への対応を担当するユーザー、ユーザーグループ、アナログ・モニター・グループ
ブロードキャストモード
アラーム受信者にアラームを通知する方法
全員同時
(デフォルト) アラームがトリガーされた直後に、すべてのアラーム受信者に同時に通知します。
順次
受信者は、アラームのトリガー時刻から計算される指定された遅延時間 (秒単位) をそれぞれ空けて、個別に通知されます。受信者がユーザーグループの場合、ユーザーグループのすべてのメンバーは同時に通知されます。
関連付けられたエンティティ
アラームの状況を説明するのに役立つエンティティ (たとえば、カメラ、エリア、ドア、アラームプロシージャなど)。アラームを Security Desk で受信したときに状況を確認できるよう、関連付けられたエンティティをキャンバスに 1 つずつ順番に表示するか、または同時に表示できます。複合エンティティがアラームに関連付けられている場合は、その構成要素であるエンティティもアラームに関連付けられています。たとえば、ドアエンティティがアラームに関連付けられている場合は、そのドアに割り当てられているカメラもアラームに関連付けられています。
動画の表示オプション
カメラがアラームに関連付けられている場合、アラームがトリガーされたときにライブ動画、再生動画、一連の静止画像、これら 3 つの組み合わせのどれを表示するかを選択します。
ライブ
ライブ動画を表示します。
再生
再生動画を表示します。
ライブおよび再生
ライブ動画と再生動画を交互に表示します。
ライブおよび静止画像
ライブ動画と一連の静止画像を交互に表示します。
静止画像
一連の静止画像を表示します。
静止画像の表示期間
各静止画像の表示時間を同じにするか、静止画像によって表示時間を変えるかを選択します。
同じ期間
各静止画像を同じ時間だけ表示します。
フレーム数
コンテンツサイクル処理期間全体で表示する静止画像の合計フレーム数を選択します。
再生
アラームがトリガーされた何秒前の静止画像を最初に表示するかを選択します。
個別の期間
静止画像によって表示時間を変えます。
相対時間
アラームがトリガーされた何秒前または何秒後の静止画像を表示するかを選択します。
期間
静止画像を表示する期間を選択します。
コンテンツサイクル処理
ディスプレイタイルに、アラームに関連付けられたエンティティを同じ間隔で自動的に順次表示するには、このオプションをオンにします。関連付けられたエンティティは、Security Desk での表示順で一覧表示されます。

アラーム - [詳細] タブ

[高度な設定] タブでは、アラームのオプションプロパティを構成できます。
しきい値の再有効化
Security Center がアラームをトリガーした後、アラームの再トリガーを待機しなければならない最小時間。このオプションにより、アラームが解決されるまでシステムが同じアラームを繰り返しトリガーすることを防止できます。
アラームプロシージャ (URL)
オペレーター向けのアラーム処理手順を説明するアラームプロシージャの URL またはウェブページのアドレスを入力します。Security Desk のアラームウィジェットで、ユーザーが [アラームプロシージャを表示] () をクリックすると、ここで指定したウェブページが表示されます。
スケジュール
このアラームが有効な時間を定義します。このスケジュールで定義された期間以外は、このアラームをトリガーしても効果がありません。
注: アラームには複数のスケジュールを追加できます。解決できないスケジュールの競合は通知されます。
自動確認
このオプションをオンにすると、このアラームが確認されていない状態が指定した時間 (秒数) に達したときにシステムが自動的にアラームを確認します。セキュリティオペレーターへの警告として機能し、アクションを必要としない低優先度のアラームには、このオプションを使用することをお勧めします。このオプションをオフにすると、Server Admin を使用してシステムレベルで構成された [アラーム自動確認までの時間] オプションが使用されます。
注: 自動確認は、アクティブな条件が関連付けられたアラームには適用されません。このようなアラームを確認するには、アラームを強制的に確認する必要があります (そのためにはアラームの強制確認権限が必要です)。
確認時にインシデントを作成する
Security Desk ユーザーがアラームを確認するたびにインシデントを報告するよう求める場合は、このオプションをオンにします。
注: このオプションをオンにすると、[自動確認] オプションはオフになります。
自動動画録画
アラームがトリガーされたときに動画の録画を開始する場合は、このオプションをオフにします (デフォルトはオン)。
録画動画を保護
このアラームに関連する動画録画を指定の日数にわたって保護する場合は、このオプションをオンにします (デフォルトはオフ)。
アラーム音声
Security Desk で音声を再生するようにアラームを構成した場合、新しいアラームが発生したときに再生するサウンドバイトを選択します。デフォルトでは、Security Desk の [オプション] ダイアログボックスで構成されたサウンドバイトが使用されます。
アラームの色を選択します。この色は、[アラームのモニタリング] または [モニタリング] タスクでタイルにアラーム動画が表示される場合と、マップ上でアラームがトリガーされた場合に、アラーム動画のオーバーレイに使用されます。