Global Cardholder Synchronizer について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Global Cardholder Synchronizer ロールは、共有のカード所有者とそれに関連するエンティティを、エンティティが存在するローカルシステム (共有ゲスト) と中央システム (共有ホスト) の間で双方向同期します。

各システムで許可されるこのロールのインスタンスは 1 つだけです。

Global Cardholder Synchronizer は、次の 3 つの方法でホストとゲストを同期できます。
オンデマンド
ユーザーから要求された場合にのみ、ゲストシステムを同期します。
スケジュールの使用
スケジュール済みのタスクを使用して、スケジュールに基づいてゲストシステムを同期します。
自動
ゲストシステムを自動的に同期します。

グローバルパーティションに対するすべての変更はゲストシステムが受け入れる前にホストシステムで検証する必要があるため、ゲストからホストへの同期は常に GCS ロールによって直ちに実行されます。ホストシステムは、変更の要求を先着順で処理します。Global Cardholder Synchronizer (GCS) ロールは、グローバルエンティティのローカルコピーをホストと同期し続けるため、共有ホストに接続された状態を維持する必要があります。

注: Global Cardholder Synchronizer は、最大 250,000 個の認証情報を同期できます。