Privacy Protector™ モジュールの有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カメラでプライバシー保護を構成する前に、Privacy Protector™ モジュールを有効化し、Privacy Protector™ ロールを構成する必要があります。

始める前に

  • Security Center ライセンスは、Omnicast™ ライセンスオプションで、プライバシー保護をサポートする必要があります (プライバシー保護ストリームの数 > 0)。
  • プライバシー保護の構成に使用される Config Tool ワークステーションで最新のグラフィック・カード・ドライバーをインストールすることにより、OpenCL が使用可能であることを確認します。最適なパフォーマンスを確保するために、Security Desk ワークステーションでもグラフィック・カード・ドライバーを更新する必要があります。
  • KiwiVision™ 導入で必要なマシンの数を計算済みであることを確認します。KiwiVision™ Hardware Calculator を参照してください。

このタスクについて

Security CenterPrivacy Protector™ モジュールを有効化すると、Privacy Protector™ ロールが作成されます。
重要: モジュールを無効化すると、カメラ上のロールおよびすべてのプライバシー保護設定が削除されます。構成を失わずにこのモジュールを一時的に無効化するには、代わりにロールを無効化します。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. [モジュール] ビューをクリックします。
  3. Privacy Protector™ モジュールを有効化します。
  4. [サーバー] リストから、Privacy Protector™ ロールをホストするサーバーを選択します。
    注意:
    CPU パフォーマンスとアーカイブに影響する可能性があるので、Privacy Protector™ ロールが Archiver と同じサーバー上にないことを確認します。Archiver サーバーで CPU 使用率が高い場合、アーカイブ待ち行列がいっぱいになる状況が発生し、データが失われる可能性があります。
  5. 必要に応じて、追加のサーバーをロールに割り当てます。
    [優先度が最大のサーバーで強制実行する] オプションは無視できます。ワークロードは常に割り当てられたすべてのサーバーに分散します。