MatcherSettings.xml ファイル - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

MatcherSettings.xml ファイルには、LPR マッチャーで使用される手法 (OCR 近似文字処理、文字数相違、共通連続文字) に関する設定が含まれています。

このファイルは、Security Center Directory ロールをホストしているコンピューター上の C:\Program Files\Genetec Security Center 5.8 フォルダーにあります。
注: モバイル AutoVu™ システムを使用している場合は、同じファイルのコピーが Genetec Patroller™ 車載コンピューターに格納されています。変更は、このファイルの Security Center バージョンで行います。Genetec Patroller™ コンピューター上のファイルは、Genetec Patroller™ が次回 Security Center にワイヤレスで接続したとき、または USB キーを使用して手動で Genetec Patroller™ の設定を転送したときに上書きされます。
MatcherSettings.xml ファイルは、次の各タイプの照合シナリオを定義する <Matcher> タグで構成されます。
<HotlistMatcher>
プレート読み取り結果をホットリストと照合する場合の設定です。
<OvertimeMatcher>
プレート読み取り結果を Genetec Patroller™ データベースに含まれる他のすべてのプレート読み取り結果と照合する場合の設定です。
<PermitMatcher>
プレート読み取り結果を許可リストと照合する場合の設定です。
<MLPIMatcher>
Security Desk でインベントリを調整する場合の設定です。

このような MatcherSettings.xml ファイルの構造を利用して、異なる施行シナリオに対して異なる動作を定義できます。たとえば、許可とホットリストの両方を含む施行シナリオでプレート読み取りの正解率を最大にするには、通常、ホットリストのマッチャーで OCR 近似文字処理のみを使用しますが、さらに許可のマッチャーで誤検知を減らすために 1 個の文字数相違を許容する必要があります。