カード所有者および認証情報のインポート - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システムのセットアップを加速するために、Security Center でカード所有者および認証情報を手動で作成する代わりに CSV ファイルからインポートできます。

手順

  1. Config Tool ホームページで [ツール] > [インポートツール] の順にクリックします。
  2. インポートする CSV ファイルのファイルパスを入力し、[次へ] をクリックします。
    [設定] ページが開きます。

  3. [設定] ページで、次のようにインポート設定を構成します。
    1. [エンコーディング] リストから、文字エンコーディングタイプを選択します。
    2. 列、小数、および千の区切り記号に対して CSV フィールド区切り文字を設定します。
    3. (オプション) [行の開始] フィールドで、2 以上の値を設定し、列見出しまたはコメント行に対する行を予約します。
    4. (オプション) [写真の最大ファイルサイズ] を設定し、ストレージ使用率を最小化します。
      デフォルト値はアクセス・コントロール・システムの設定から取得されます。その値をインポートツールで変更すると、システム設定も変更されます。
    5. CSV ファイルにカード所有者と認証情報の両方が含まれる場合、[認証情報をカード所有者キーに追加] を選択します。
      注: このオプションは、カード所有者と認証情報の両方が同じ CSV ファイルからインポートされる場合にのみ適用されます。このソリューションが適用可能でない場合には、他のカード所有者情報を使用して、カード所有者の識別を強化できます。
    6. カード形式が CSV ファイルで指定されない場合に使用するデフォルトの [カード形式] を選択します。
    7. 次の [認証情報の操作] オプションのいずれかを選択します。
      追加
      これはデフォルトのオプションです。CSV ファイルから読み取られたすべての認証情報はエンティティとしてシステムに追加されます。認証情報がデータベース内にすでに存在する場合は更新されます。
      置換
      このオプションを使用して、古い認証情報を新しい認証情報に置き換えることができます。[バインディング] ページには、古い (以前の) 認証情報と新しい認証情報の値を指定するための追加オプションがあります。
    8. 次の [カード所有者グループの操作] オプションのいずれかを選択します。
      追加
      これはデフォルトのオプションです。CSV ファイルから読み取られたすべてのカード所有者グループはエンティティとしてシステムに追加されます。カード所有者グループがすでに存在する場合、カード所有者はグループに追加されます。
      置換
      このオプションを使用して、既存のカード所有者のグループメンバーシップを変更できます。カード所有者を新しいグループに再割り当てするには、CSV ファイル内のグループ値を変更し、カード所有者グループ列を [バインディング] ページの [カード所有者グループ] に設定します。
    9. (オプション) インポートされたカード所有者の写真の背景透明度を設定します。
      インポートするカード所有者の写真がクロマ・キー・スクリーンの前で撮影された場合、写真の背景を透明にすることができます。これは背景画像があるバッジテンプレートを作成した場合に便利です。
      1. [透明色] オプションを [オン] に設定します。
      2. カード所有者の写真が撮影されたクロマ・キー・スクリーンの色を選択します (通常は緑または青)。
      3. 透明度のパーセンテージを設定します。
    10. (オプション) インポートされたカード所有者のデフォルトの [バッジテンプレート] を設定します。
      バッジテンプレートは Config Tool で作成する必要があります。
    11. [次へ] をクリックします。
      [バインディング] ページが開きます。

    12. 各サンプル値に対して、[バインディング] 列の対応するデータベースフィールドを選択します。
      CSV ファイル内の列をスキップする必要がある場合、[バインディング] 列を空白のままにします。
      注: カード所有者および認証情報などのエンティティに対して、インポートを完了するには最低限の情報が必要になります。
    13. (オプション) カード所有者キーにさらにフィールドを追加します。
      カード所有者を区別する必要がある場合、カード所有者キーに追加する各フィールドの横にある [キー] チェックボックスを選択することで、付加的な情報を追加できます。不適格なフィールドではこのチェックボックスが無効になります。
      ヒント: カード所有者識別を強化するためのもう 1 つの方法は、カード所有者キーに認証情報データを追加することです。
  4. [次へ] をクリックします。
    インポートツールは CSV ファイルの内容をデータベースにインポートします。概要ウィンドウが開き、インポートされたエンティティの数と発生したエラーの数が確認できます。
  5. レポートの内容をコピーして貼り付けるには、 をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。