エレベーターの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エレベーターに関連するアクセスを制御し、アクセス・コントロール・イベントをモニタリングするには、Security Center でエレベーターエンティティを作成する必要があります。

始める前に

エレベーターを制御するために必要なすべてのハードウェアが準備されていること、エレベーター室にリーダーが設置されていること、およびアクセス・コントロール・ユニットに接続されたインターフェイスモジュールにリーダーが配線されていることを確認します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] () > [エレベーター] をクリックします。
  3. エレベーターの作成ウィザードで、エレベーターの名前と説明を入力します。
  4. [ロケーション] ドロップダウンリストから、エレベーターが作成されるエリアを選択し、[次へ] をクリックします。
    注: ドアとは異なり、エレベーターはエリアへのアクセスポイントとして扱われません。ただし、各エレベーターフロアーはそれ自体がアクセスポイントです。
  5. エレベーターフロアーの数値を入力し、[作成] をクリックします。
    デフォルトのフロアーエンティティが作成されます。
  6. フロアー名を変更するには、フロアーを選択し、新しい名前を入力します。
  7. 必要に応じて調整を行い、[次へ] をクリックします。
  8. [作成概要] を確認し、[作成] > [閉じる] をクリックします。
    新しいエレベーターはフロアーとともにエリアビューに表示されます。完全に構成されるまで初めは赤で表示されます。
  9. エレベーターフロアーの出力リレー設定を選択します。
    出力リレー設定はユニットの配線方法に影響します。
  10. アクセス・コントロール・ユニットとエレベーターの間の配線を Security Center に説明します。
  11. エレベーターフロアーへのアクセスを許可するユーザーを選択します。