Security Center でのマップの操作方法 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

状況認識とシステムセキュリティを向上させるため、Security Center でマップを使用して、施設をリアルタイムで表示しながら移動したり、カメラ、ドア、その他のエンティティを管理したりできます。

Security Center でマップを使用するには、ライセンスで Plan Manager を有効にする必要があります。Security Desk でマップを操作するには、マップの操作専用の [マップ] タスクか汎用の [モニタリング] タスクのいずれかを使用します。
マップを使用して、以下の操作を実行できます。
  • パンとズーム
  • 別のマップに移動する
  • 1 つのマップを複数のモニターに展開する
  • Security Center エンティティ (カメラ、ドア、ゾーンなど) を管理する
  • アラームとイベントをリアルタイムでモニターして対応する
  • ローカルエンティティとフェデレーションエンティティを追加する
  • マップオブジェクトに関する情報を表示および非表示にする
  • マップオブジェクトに関する情報をテキストバブルで表示する
  • マップ上のエンティティを見つけ、近くにある他のエンティティを確認する
  • 注目すべきポイント (非常口や救急箱など) をマークする
  • カメラ、ドア、侵入検知エリア、ゾーンをモニターして制御する
  • 移動体 (パトロール車両など) をモニターする
  • 固定 LPR カメラのナンバープレート読み取り結果とヒットを表示する
  • 入力ピンの状態 (アクティブ、非アクティブ) をモニターする
  • 出力リレーの挙動を制御する
  • マクロを実行する

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。