アラームをテストする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

作成したアラームが機能するかどうかテストするには、Config Tool から手動でアラームをトリガーし、Security Desk でそのアラームを受信することを確認します。

始める前に

いずれかのアラーム受領者として Security Desk にログオンします。

このタスクについて

アラームがトリガーされた時点で自動的に Security Desk で [アラームのモニタリング] タスクが開くように構成することもできます。

手順

  1. Config Tool で、[アラーム] タスクを開きます。
  2. [アラーム] ビューで、テストするアラームを選択します。
  3. ワークスペースの下部にあるツールバーで、[アラームのトリガー] () をクリックします。

    Security Desk の通知トレーと [アラームのモニタリング] タスクのアラームリストに、アラームが表示されるはずです。

  4. [アラームのモニタリング] タスクが自動的に開くようになっていない場合は、Security Desk の通知トレーでアラームアイコン () をダブルクリックします。
  5. [アラームのモニタリング] タスクのアラームリストにアラームが表示されていることを確認します。

次のタスク

アラームを受信していない場合は、アラームのトラブルシューティングを行います。