アップグレード後に Security Center データベースを縮小する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アップグレードトランザクションを実行するためには一時ストレージが必要になることから、データベースのアップグレード後にディスク使用量が増加している場合があります。アップグレード中に使用されたディスクスペースは、アップグレードの完了後に自動的に解放されません。未使用のディスクスペースを取り戻すには、データベースを縮小する必要があります。

始める前に

すべてのデータベースアップグレードでデータベースのサイズが大きくなるわけではありません。ただし、Archiver データベースを 5.3 から 5.8 にアップグレードする場合、アップグレード後にデータベースを縮小することをお勧めします。アップグレード後にデータベースを縮小する必要があるかどうか不明な場合は、Microsoft SQL Server Management Studio を使用してディスク使用率を確認してください。

このタスクについて

データベースの復旧モデルによっては、未使用のディスクスペースを取り戻すためにトランザクションログのバックアップが必要になる場合があります。詳細については、次のオンライン記事を参照してください。

手順

  1. Microsoft のデータベース縮小手順に従います。
  2. 縮小する必要があるすべてのデータベースについて、この手順を繰り返します。