エレベーターフロアーに対する出力リレーの挙動を選択する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エレベーターの配線を完了するには、その前に、ユニットの出力リレーの設定を構成する必要があります。

このタスクについて

出力リレーの挙動によって、ユニットの配線方法が変わってきます。Security Center で選択した設定に基づき、ユニット上で適切な NO または NC リレー接点を使用する必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 構成するエレベーターを選択してから [詳細] タブをクリックします。
  3. [許可時間] オプションで、アクセス許可後にエレベーターフロアーのボタンを有効にする期間を選択します。
  4. [出力リレーが次の状態のときはフリーアクセス] オプションで、フリーアクセスを許可する条件とするリレーの状態を選択します。
    通常
    アクセス・コントロール・ユニットの出力リレーが閉じていないときは、フリーアクセスが有効にされます。これは、停電が発生するとフロアーへのフリーアクセスが可能になることを意味します。
    アクティブ
    アクセス・コントロール・ユニットの出力リレーが閉じていないときは、フリーアクセスが無効にされます。これは、停電が発生するとフロアーへのアクセスが拒否されることを意味します。
  5. [適用] をクリックします。

次のタスク

指定した設定に応じてエレベーターフロアーの配線を完了し、その配線をエレベーターエンティティにマッピングします。