マップの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center のマップは、地理的エリアまたは建築敷地内のセキュリティ設備の物理的な場所を視覚化するのに役立つ平面図です。[Map designer] タスクを使用してマップを作成します。

始める前に

すべてのマップは Security Center 内のエリアに関連付ける必要があります。エリアとそのマップは単一のエンティティを形成します。マップを関連付ける前にエリア階層を定義することがベストプラクティスです。

このタスクについて

マップは静的な背景とその上に重ねられるさまざまな情報 (マップオブジェクトという) から構成されます。Security Desk ユーザーはこれらの任意のレイヤー (マップオブジェクト) を表示または非表示にすることでマップ上に表示される情報の量を制御できます。

マップは [エリアビュー] タスクまたは [Map designer] タスクから作成できます。[エリアビュー] からマップを作成すると、そのマップは選択されたエリアに自動的に関連付けられます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. エンティティツリーで、マップのエリアを選択します。
  3. [ID] タブをクリックし、[マップの作成] をクリックします。
    [Map designer] タスクが開きます。
  4. 次のいずれかの方法を選択し、マップ背景を作成します。
  5. デフォルトのマップビューと他のプリセットを構成します。
  6. 誰かがこのマップを開くときに表示されるデフォルトの情報を構成します。
  7. [適用] をクリックします。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。