仮想ゾーンの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

仮想ゾーンは Zone Manager ロールによって制御されます。仮想ゾーンを使用する目的は、タイプの異なるさまざまなユニットに属する入力とトリガー出力を結合することです。仮想ゾーンの監視および監視解除は、Security Desk から行うことができます。また、[ゾーンの監視] および [ゾーンの監視解除] アクションを使用することもできます。

仮想ゾーン - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックし、このゾーンを定義する入力を構成したり、ゾーンの評価方法を定義したりします。
Zone Manager
仮想ゾーンを制御する Zone Manager ロール
入力
ゾーンの状態を評価するために組み合わせて使用される入力
演算子
入力状態を組み合わせてゾーンの状態を評価するために使用される論理演算子
関連イベント
ゾーンの状態を表すイベント。ゾーンの状態を無視する場合は、[なし] を選択します。
通常状態
入力の組み合わせがゼロ (0) になる場合
アクティブ状態
入力の組み合わせが 1 になる場合
トラブル状態
監視対象の入力が少なくとも 1 つ必要です。少なくとも 1 つの入力がトラブル状態になったときに、ゾーンはトラブル状態になります。トラブル状態は他のどの状態よりも優先されます。
しきい値の再有効化
同じイベントを再トリガーしない期間

仮想ゾーン - [監視] タブ

[監視] タブをクリックし、ゾーンの監視ソースとその監視動作を構成します。
監視ソース
ゾーンを監視する期間に対応するスケジュールを選択します。
遅延
ゾーンが監視対象になった後、ゾーンから退出できるようにするためにオプションで設定できる遅延時間。センサーの起動後、この時間が経過するまでゾーンの監視は解除されます。
監視遅延
ゾーンが監視されるときと、イベントトリガーがアクティブになるときの間の継続時間 (mm:ss)
入場遅延
入場センサーが作動するときと、イベントがトリガーされるときの間の継続時間 (mm:ss)。このオプションにより、出力リレーをトリガーする前にゾーンの監視を解除できます。