Camera Integrity Monitor モジュールの有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カメラで整合性モニタリングを構成する前に、Camera Integrity Monitor モジュールを有効化し、Camera Integrity Monitor ロールを構成する必要があります。

始める前に

  • Security Center ライセンスは、Omnicast™ ライセンスオプションで、カメラ整合性モニタリングをサポートする必要があります (整合性モニタリング対象カメラの数 > 0)。ネイティブおよびフェデレーションの両方のカメラがサポートされます。
  • 大規模なシステムの場合、追加のサーバーを準備して、Camera Integrity Monitor ロールをホストします。

このタスクについて

Camera Integrity Monitor ロールは Security Center で Camera Integrity Monitor モジュールを有効化すると作成されます。
重要: モジュールを無効化すると、ロールとすべてのカメラ整合性モニタリング構成が削除されます。構成を失わずにこのモジュールを一時的に無効化するには、代わりにロールを無効化します。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. [モジュール] ビューをクリックします。
  3. [Camera Integrity Monitor] を [オン] に設定します。
  4. [サーバー] リストから、Camera Integrity Monitor ロールをホストするサーバーを選択します。
    要確認: Camera Integrity Monitor ロールは Archiver ロールとは異なるサーバーでホストし、後者のパフォーマンスに影響が出ないようにすることを推奨します。
  5. 必要に応じて、追加のサーバーをロールに割り当てます。
    [優先度が最大のサーバーで強制実行する] オプションは無視できます。ワークロードは常に割り当てられたすべてのサーバーに分散します。
    要確認: 負荷分散は負荷バランシングではなく、常に同等のキャパシティを持つサーバーを割り当て、いずれかが過負荷になることを回避します。
    Security Center System Requirements Guide で説明している「推奨」サーバー構成に従うと、Camera Integrity Monitor ロールの専用サーバーは、それぞれが 300 台のカメラを制御する 60 個の Archiver ロールの負荷を処理可能で、各カメラを 1 時間ごとに分析できます。
  6. [イベントストレージ] リストから、カメラの不正操作イベントの保管に使用される Archiver ロールを選択します。
  7. [常設パス] フィールドに、カメラ整合性分析データ (CIM ファイル) が保存されるフォルダーのパスを入力します。
    Camera Integrity Monitor ロールに複数のサーバーが割り当てられている場合、すべてのサーバーが書き込み権限を持つネットワークパスを使用する必要があります。
  8. [ストリームソース] リストから、ロールが分析のために使用する必要がある 動画ストリーム を選択します。
    要確認: カメラ整合性分析に最適な画像サイズは 320 ピクセル幅なので、デフォルトのストリーム選択である低解像度の使用を推奨します。既存のより高解像度のマルチキャストストリームが分析のために使用されるのでなければ、より高解像度のストリームは分析のためにダウンスケールされるため、帯域幅が無駄になります。
  9. [同時に実施可能なカメラ分析の最大数] を設定します。
    この設定 (デフォルト = 10) はすべてのスケジュール済み分析で負荷スパイクの発生防止のために使用されます。たとえば、分析するカメラが 300 台あり、最大数を 10 に設定すると、ロールが一度に分析するカメラの数を 10 という小さなバッチに強制することができます。
  10. [次の間隔ですべてのカメラを確認] フィールドに、確認頻度を入力します。
    デフォルトの確認頻度は 1 時間ごとです。Camera Integrity Monitor ロールは、カメラが確認されるたびに、画像の数学的表現 (CIM ファイル) を作成します。新しいデータモデルはそれぞれ前のデータモデルと比較され、差異が一定のしきい値を超える場合、カメラの不正操作イベントが上がります。カメラがモニタリングするシーンが急速に変化することにより多数の誤検出が発生する場合、確認の頻度を増やします。
  11. モニタリングするカメラを追加します。
    次のいずれかの操作を実行します。
    • [関係] セクションで、[追加] () をクリックし、モニタリングするカメラを指定します。

      すべてのカメラが同じ設定を使用する場合、これはより適切な選択肢です。

    • 各カメラで整合性モニタリングを個別に構成します。

      各カメラに対して異なる設定が必要で、カメラサムネイルを同時に設定する場合、これはより適切な選択肢です。