Config Tool におけるタスク動作のカスタマイズ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center でタスクの操作方法に習熟したら、[オプション] ダイアログボックスから、システムがタスクを処理する方法をカスタマイズできます。

このタスクについて

タスク設定は Security Center ユーザープロファイルの一部として保存され、Security Desk および Config Tool に適用されます。

手順

  1. ホームページから、[オプション > ユーザー操作] をクリックします。
  2. [システムメッセージ] セクションで、必要に応じて次のオプションを設定します。
    タスクの作成時に名前を要求する
    複数のインスタンスを受け入れるタスクを作成するときは常に Security Desk に名前を要求させる場合は、このオプションを選択します。
    タスクを閉じる前に確認を求める
    インターフェイスからタスクを削除するときは常に Security Desk に確認を求めさせる場合は、このオプションを選択します。
    別のユーザーから送信されたタスクを開くときに確認を求める
    別のユーザーから送信されたタスクを開くときは常に Security Desk に確認を求めさせる場合は、このオプションを選択します。
  3. [タスクを再読み込み] セクションで、現在開いているパブリックタスクを誰かが更新するときの Security Desk の動作方法を指定します。
    • ユーザーに質問します。更新されたタスク定義を読み込む前にユーザーに質問します。
    • はい。質問せずにタスクを再度読み込みます。
    • いいえ。タスクを再度読み込むことはしません。
  4. [保存] をクリックします。