モニタリング対象の正常性イベントを選択する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Health Monitor ロールを構成して、特定の正常性イベントを無視したり、特定の正常性イベントを生成する条件を変更したりできます。

このタスクについて

すべての正常性イベントを無視するには、Health Monitor ロールを完全に無効化します。メンテナンスタスクを行うために、一時的にエンティティの正常性イベントを無視する必要がある場合は、エンティティをメンテナンスモードに設定します。
重要: モニタリングリストで正常性イベントをクリアしても、正常性履歴 のクエリフィルターからそのイベントが削除されることはありませんが、一部の正常性統計を計算できなくなります。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [Health Monitor] ロールを選択してから [プロパティ] タブをクリックします。
  3. [モニタリング対象イベント] で、モニタリングするイベントを選択するか、モニタリング対象から外すイベントをクリアします。

    ほとんどの正常性イベントは対になっています ([データベースが失われました] と [データベースが復元されました] など)。対になっているイベントは同時に選択または無視することしかできません。

  4. 次のようにして、イベント生成する基準を追加します。

    基準は一部のイベントに対してのみサポートされます。たとえば、CPU 使用率が 80% を超えている状態が 10 秒間続いているサーバーに対してのみ [CPU 使用率が高くなっています] 正常性イベントが生成されるように構成できます。

    1. 変更するイベントを選択し、リストの下部にある [編集] () をクリックします。
    2. イベントの [詳細] ウィンドウで必要に応じて値を調整し、[保存] をクリックします。
  5. [適用] をクリックします。