Updater Service を使用して LPR イベント用のサウンドファイルを変更する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center Updater Service を使用して、Patroller の MobileClient フォルダーに異なるサウンドファイルを送信できます。

このタスクについて

許可ヒット、超過時間ヒット、プレート読み取り用のサウンドファイルを Genetec Patroller™ で再生できるようにするには、デフォルトの Sounds フォルダーに保存する必要があります。

ファイルを MobileClient フォルダーに送信した後、手動でファイルを Sounds フォルダーに移動することもできますが、サウンドファイルを圧縮しておけば、Windows が自動的に Sounds フォルダーにファイルを解凍します。

手順

  1. (オプション) デフォルト・サウンド・ファイルを上書きする場合は、新しいサウンドファイルを置き換えるデフォルトのファイルと同じ名前 (たとえば、HotlistHitEvent.wav) に変更します。
  2. Security Center コンピューター上に、Genetec Patroller™ 車載コンピューターと同じ Windows Explorer ファイル構造 (たとえば、C:\Program Files\Genetec AutoVu X.Y\MobileClient\Config\Sounds) を作成します。
  3. 新しいサウンドファイルを、作成した Sounds フォルダーにコピーします。
  4. サウンドファイルを Config レベルで圧縮し、車載コンピューター上で MobileClient フォルダーから Sounds フォルダーまでの相対パスがミラーリングされるようにします。

    ZIP のファイルパスで定義されたコピー先 (Sounds フォルダー) にファイルが解凍されます。

  5. (ホットリストのサウンドに関するオプション) ファイル名がデフォルトの HotlistHitEvent と異なる場合は、新しいファイル名を含むファイルのフルパスを指定する必要があります。
    1. Config Tool ホームページから、[LPR] タスクを開きます。
    2. 構成するホットリストを選択してから [詳細] タブをクリックします。
    3. [サウンドファイル] フィールドで、車載コンピューター上のサウンドファイルのパスとファイル名を指定します。
    4. 必要なホットリストの数だけ各ステップを繰り返します。
  6. 更新をワイヤレスでインストールする場合と同じように、サウンドファイルを Genetec Patroller™ に送信します。

タスクの結果

更新のインストール後に Genetec Patroller™ が再起動し、選択した LPR イベントに対して新しいサウンドファイルが使用されます。