動画ストリームについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center によってサポートされているほとんどの動画エンコーダーと IP カメラは、同じ動画ソースから複数の動画ストリームを生成できます。

カメラに複数の動画ストリームがある場合は、ライブ・モニタリング・ストリームと録画ストリームに対して異なる動画品質設定を定義できます。リモートアクセス用の低帯域幅や、低解像度と高解像度のストリームなど、他のニーズのために追加のストリームを構成することもできます。

各動画ストリームは、次の設定によって定義されます。
動画品質
メーカーによって異なるパラメーター (画像の解像度、ビットレート、フレームレートなど) で構成される動画ストリームの品質。
異なるスケジュールに対して複数の動画品質を構成できます。動画品質は、帯域幅とアーカイブ用のディスクスペースに直接影響します。
ストリームの用途
動画ストリームの用途と使用される場面 (ライブ動画用、録画用など)
ネットワーク設定
ストリームの用途とネットワーク構成に基づいて構成される、ストリームの特定の接続タイプとマルチキャストアドレス

自動ストリーム選択

高解像度の動画を表示するには、多くの CPU パワーが必要です。Security Desk に最大数のライブ動画ストリームを同時に表示するには、CPU 使用率を最適化する必要があります。

自動 動画ストリームモードを使用するように Security Desk を構成できます。このモードを選択すると、Security Desk は選択されたキャンバスタイルのサイズに応じて低解像度 または高解像度 のストリームを表示します。画像の解像度がタイルの表示エリアと同じかそれより低い動画ストリームが選択されます。

ユーザーが Security Desk ウィンドウのサイズを変更したり、タイルパターンを変更したりすると、動画ストリームも動的に変更されます。
注: Security Desk のデフォルトの表示ストリームとして自動 モードを選択した場合は、タイルを最大化したときや、デジタルズームを使用しているときに、常に高解像度 のストリームが使用されます。