アクセス・コントロール・ユニット - HID - [同期] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[アクセスコントロール] タスクで使用できる、HID アクセス・コントロール・ユニットの [同期] タブの設定について説明します。このタブでは、ユニットと Access Manager の間で行う同期のタイプを構成できます。

最後の更新
前回ユニットとの同期が正常に完了した日時を示します。
次回の更新
次にユニットとの同期がスケジュールされている日時
構成の有効期限
一時アクセスルールが使用されているかどうかに依存します。
  • 一時アクセスルールが使用されていない場合: ユニットが Access Manager から独立して完全に機能することができなくなる日時を示します。これは、アクセス・コントロール・ユニットのスケジュール機能には限界があるためです。ユニットを単独で正常に機能させるには、有効期限日の前に同期する必要があります。
  • 一時アクセスルールが使用されている場合: 一時アクセスルールの有効化および有効期限の日時に基づき、次回同期が行われる日時を示します。
注意:
HID VertX ユニットは 1 年後に有効期限が切れます。有効期限日を過ぎると、ユニットは正常に機能しなくなります。
同期
このボタンをクリックすると、ユニットとの前回の同期以降に行われたすべての変更内容を送信できます。ドアロック解除スケジュールが変更されている場合、この操作により短時間のサービス中断が発生する可能性があります。
同期して再起動
このボタンをクリックすると、完全な構成がユニットに送信されてユニットが再起動されます。この操作により、サービス中断が発生します。

同期オプション

ユニット同期の実行頻度を選択できます。

自動
これが推奨される設定です。

Config Tool、Web Client、または Security Desk で構成の変更を保存すると、15 秒後にその変更がアクセス・コントロール・ユニットに送信されます。特定のユニットに影響する構成のみが送信されます。

日次
毎日指定された時間にユニットが同期されます。
毎週指定された曜日と時間にユニットが同期されます。
手動
ユーザーが [今すぐ同期] をクリックした場合にのみユニットが同期されます。

構成の有効期限が切れる前にユニットを同期するようにしてください。